OASISがInformation Card互換性のTC設立

OASISの新しいTC。
OASIS Identity Metasystem Interoperability (IMI) Technical Committee。
なんだろう、これは。
OASIS – News – 2008-09-23

to enable the use of Information Cards to universally manage personal digital identities.
インフォメーションカードを使って個人のディジタルIDを普遍的に管理できるようにする。

で、Information Cardに何があるというと、WikipediaによるとIdentity Selectorsとして実装されており、
Microsoft’s Windows CardSpace, the Bandit Project‘s DigitalMe, and several kinds of Identity Selectors from the Eclipse Higgins Project
がある。
この中で、Bandit Projectについては、
demonstrated prototype managed cards backed by OpenIDs at the BrainShare conference in March 2007
とのこと。
Information Card – Wikipedia, the free encyclopedia

TCの憲章TC Charterによると、
既存の仕様
[1] Identity Selector Interoperability Profile V1.5, August 2008
http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity
と、ガイド
[2] A Guide to Using the Identity Selector Interoperability Profile V1.5 within Web Applications and Browsers, August 2008
http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity
[3] An Implementer’s Guide to the Identity Selector Interoperability Profile V1.5, August 2008
http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity
を基ににするらしい。
つまり、マイクロソフトの仕様を標準にするための活動?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。