DSSがOASIS標準

OASISニュース2007年6月7日
新しいデジタル署名サービス(DSS)OASIS標準が、Webサービス向けデータの信頼性を保証
2007年6月7日 米国マサチューセッツ州ボストン発 – 国際標準化コンソーシアム OASISは本日、同会員が、デジタル署名サービス(DSS)を、同組織の批准の最高位レベルを示すOASIS標準として批准したことを発表しました。DSSは、Webサービスとその他のアプリケーション向けデジタル署名を処理するXMLインタフェースを定義し、複雑なクライアント・ソフトウェアと機器の設定を必要とせずに、電子署名の生成、検証、その他の関連サービスを共有することを可能にしました。

「DSSがOASIS標準」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。