IBMがSOA管理の実践プログラムを拡大

IBMグローバルサービスがIT管理を強化 – SOA Management Practice (SOA管理の実践)プログラムに新パートナーが加入してSOAの生態系が進化する。
IBM Press room – Press releases
IBM Global Services Strengthens On Demand IT Management Capabilities
SOA Ecosystem Evolves With New Partners Joining SOA Management Practice
ARMONK, NY — Sep 29, 2005 — IBM Global Servicesは本日、SOA Management Practice (SOA管理実践プログラム)を拡大し、2社の新しいパートナーと新たな役割を公表した。去年創設されたIBM Global ServicesのSOA管理実践プログラムはSOAの実装に必要となる洗練され充実した管理機能のセットを提供する。…当初の成功を受けて今回、新たなパートナー2社(ActionalとDataPower)がこの実践プログラムに参加した。


SOA Web Services Journalの関連記事。
SOA管理: IBM Webサービス担当副社長のMichael Liebowとの独占インタビュー
SOA Management: Exclusive Q & A With Michael Liebow, VP of IBM Web Services @ SYS-CON FRANCE
「IBMのゴールはお客様がビジネス上の問題点を見つけて解決するのをお手伝いすることだ。」
By: SOA Web Services News Desk
Oct. 10, 2005 07:45 AM

Q: 他にどんな会社がIBM Global ServicesのSOA管理実践プログラムで製品を提供するのか。
ML: IBM Softwareのほかには、この管理実践プログラムのパートナーははAmberPoint, Actional, Data Power とSOA Softwareに限定している。この実践プログラムは「さあ皆さん来て下さい」というようなものではない。…厳しい審査を行って最高のSOA管理の機能、強力な経営陣、そして確かなユーザベースを持っているところを選んだ。

Q: Webサービスから「Web」をとってXMLサービスといった方が良い、という意見についてはどう思うか。
ML: いっそのこと「XML」も取ってしまってビジネス・サービスに集中するという案を提案する。業界標準というものはサービス指向アーキテクチャ(SOA)を実装してオンデマンド・ビジネスに仕立てるために最も重要な要素だ。SOAの普及は業界標準やOASIS、W3Cなど標準化団体のたゆみない努力無しには考えられない。 XMLはここでは明らかに重要な役割を担っている。 しかし、既存の技術を使ってビジネス・サービスを構築できるというお客様もたくさんいるかもしれない。 新しいビジネス・サービスはXMLを使わないで開発された元のビジネス・サービスに接続することがあるかもしれないが、それも全てのお客様で100%必要だというわけではない。だから、こうした分野ではわれわれはビジネス上の課題に絞った議論をしていきたいし、その上で個々のお客様に合った技術を見つけていきたい。

Q:IBMのSOA活動の情報源
http://www.ibm.com/services/soa
ZDNet Joe McKendrickのブログより、IBM副社長のインタビュー。
? Big Blue’s little helpers | SOA: Service-Oriented Architecture | ZDNet.com
October 3, 2005
Big Blue’s little helpers
-Posted by Joe McKendrick @ 4:45 pm
General Vendor Watch
私は先週IBMのMichael Liebowをつかまえて、IBM Global ServicesのSOA分野における最近の提携について詳細を聞いた。 マイクは、IBMからの怒涛のようなSOAのニュースに関する私の最近の書き込みを読んでいたようだが、幸いなことにユーモアと捉えてくれたようで、ただし市場に対する取り組みが不足することにある程度の不安を示していた。
…(小さなSOAベンダーと提携したことについて)
「SOA分野で活動しているという会社はたくさんある。 面白そうな設計図を持っている会社も、すでにコードを持っているところもあるが、ユーザはまだいないということもあるようだ。 …新しい会社と一緒に仕事はしてみたいが、それではまだ新しすぎる。 オムツくらい取れていないとね。」
IBMがXMLの処理性能とセキュリティ技術についてはDataPowerと提携した事は意表をつかれた。DataPowerは他のSOAの会社とは少し異なり、ネットワークに接続するハードウェアを販売しているのだ。

「普通は、IBM Global Servicesのような会社はこれほど初期段階にあるベンダーと提携したりはしない。しかしSOAによる変革の中ではこういった会社と組むことが大事だと感じた。」とMike Liebowは言った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。