Google、ルート証明書発行の独自インフラを構築 – ITmedia ニュース

グーグルがルート証明書の認証局を運営開始。
Google、ルート証明書発行の独自インフラを構築 – ITmedia ニュース

 Googleは自社の製品やサービスのためのSSL/TLS証明書を迅速に処理する目的で、これまで独自の下位認証局GIAG2を運営してきた。しかし、HTTPSは今後も根本的な技術であり続けると判断し、認証局の取り組みを拡大することにしたと説明している。
 ルート認証局はGlobalSign R2とR4を取得した。これまでは、ルート証明書を製品に組み込んで、そうした製品に関連したバージョンが広範に導入されるのを待つ時間がかかっていたが、ルート認証局を取得したことで証明書をタイミング良く発行できるようになると見込んでいる。

取得したと変更したって、どういうことだろう。

※初出時に、認証局を「買収した」と表記していましたが、「取得した」に変更しました。(1/27 11:44)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。