病院へのランサムウェア攻撃、一週間で3件

病院へのランサムウェア攻撃が流行りになってしまっているらしい。
Multiple Hospitals Hit In Ransomware Attack Wave


この一週間で明らかになっただけで3件の被害。
Methodist Hospital in Henderson, Kentucky, and Southern California’s Chino Valley Medical Center and Desert Valley Hospital, both of which belong to the Prime Healthcare Service chain
Methodist Hospitalではランサムウェアの種類が報じられていて、Lockyとのこと。
1台が感染したあとLAN内で次々に増殖。
病院側は全デスクトップを停止して、1台ずつ感染有無を確認しながら立ち上げていった。
身代金を払ったかどうか不明。
加州の2病院ではサーバー停止に追い込まれた。
報道担当者は、身代金を払ってないと言っている。
PCがやられたあと、サーバーに広がるか食い止められるかは大きいな。
2月の被害報道
ランサムウェアで病院のネットワークが一週間停止 – けにあmemo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。