パッシブDNS – 不正サイト制圧で巻き添え被害を回避する手段

ポール・ヴィクシーが、不正サイトでCollateral Damage (民間人殺傷、巻き添え被害)を避けるためにパッシブDNSが有効と提唱している。
How To Avoid Collateral Damage In Cybercrime Takedowns


パッシブDNSはDNSサーバー間の通信をキャプチャーして分析する。
パッシブDNSでは重要なドメイン名、人気ウェブサイト、ホスティング環境など問題のないドメインを判別して巻き添えを回避できるのに加えて、関連する不正サイトを芋づる式にあぶり出す効果もある。
ポール・ヴィクシーはFarSight Securityという会社のCEOをしていて、このパッシブDNSを活用しているらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。