ソニーファイナンスで情報不正流出

NIKKEI NET:社会 ニュース

情報不正流出相次ぐ、ソニー系カードなど2社
 経済産業省は30日、ソニー系クレジットカード会社とUFJニコスの2社の契約社員らが個人情報を不正に入手、第三者に売却していたとして、個人情報保護法に基づき、同法違反状態の是正や再発防止策を取るよう両社に勧告した。
 ソニーファイナンスインターナショナル(東京・港)の発表によると、同社の契約社員と派遣社員、アルバイトの計4人が不正に信用情報機関に個人情報を照会、データを外部に売却していた。これまで判明したのは24人分だが、流出した個人情報は全体で1000人分を上回る見通し。
 4人は割賦販売の申し込み審査をするカスタマーセンター北海道(札幌市)勤務。札幌市内の男から教えられた氏名や電話番号などを基にカードの利用状況を含む信用情報を検索、この男にメールなどで流していた。
 UFJニコスの発表によると、同社の元嘱託職員がカード会員を含む673人分の氏名や住所、ローンの支払い状況などの信用情報を不正に照会、データを知人に売却していた。(07:00)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。