格安ノートPCの紹介記事が酷い – 日経BP PC Online

格安ノートPCに関する記事。
【基本編】安さの秘密を目利きが辛口チェック!:PC Online

格安ノートPCは3万円~5万円と定義してある。
マル得購入ガイド、と銘打っておきながら、ケナし様が酷い。


「売れ筋」ノート(11万円程度)との比較解説をしているんだけど。

 格安ノートのCPUは、ペンティアムやセレロンが主流だ。ランク的にはコアiシリーズの下に位置する。売れ筋ノートのコアi5は言うに及ばず、1クラス下のコアi3よりも性能は劣ると考えたほうがよいだろう。

Core i5のノートPCも4万円台で普通に売ってるじゃないか。

【短納期】【メーカー直販・一年保証付き】ThinkPad Edge E420:第2世代インテル Core i5プロセッサー搭載モデル(HD液晶光沢なしブラック光沢なし)(1141R21)
商品の説明
Thinkpad Edgeシリーズは先進デザイン採用のベーシックノートブック。性能はもちろん、キーボードやタッチパッドの使いやすさもとことん追求したこだわりのモデルです!


メモリについてもケチをつけている。

 メモリーは、ほとんどが2ギガバイトにとどまる。売れ筋ノートが最低で4ギガバイト、中堅クラス以上は8ギガバイト搭載しているのと比べると明確に劣っている。

 
書いてあること自体は、そういう傾向もあるかもしれないけど。
後続記事の「製品編」では4GB搭載の「格安」PCも複数紹介されているのと整合性がとれていない。
さらに書いてないのは、8GBのメモリが3千円チョットで売っているってこと。
シー・エフ・デー販売 Elixir デスクトップ用メモリ DDR3 W3U1333Q-4G DDR3 PC3-10600 CL9 4GB x 2枚セット
その他の比較項目はHDD容量や光学ドライブなど安価に改善可能なこと、デザインや液晶画面、キーボードなど客観的評価が難しいことが列挙してある。
挙句の果てにマウスが付いてないとか、言いがかりのレベル。
(「売れ筋」ノートってマウスが付いてくるとは知らなかった)
Officeがついてないと2万円かかると書いてあるけど、それは今までOfficeを買ったことのない人の場合だ、ということは書いてない。
ThinkPad Edge E525用にメモリーとMicrosoft Officeを安く買う – けにあmemo

結局高価PCを買えば6万円から8万円の価格差に見合うものが得られるのかどうか、「格安」PCで足りないものを補おうとするとどうなるのか、といった身のある話は書いてない。
最後にベンチマーク結果を紹介しているけど、Core i7とCeleronやAMD A4を比べたら、そりゃ差は出るよな。
客観的な実験結果のふりをして恣意的な情報を見せて意図する結論に誘導する悪質な手口。
広告主の影響力がそれだけ強いということか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。