キャンプ準備で木炭購入、エアーマットで今年も万全

今年もGWからキャンプを始めようと、木炭を調達した。
キャンパーズコレクション 厳選木炭2.5kg


ススが出すぎず、形も使いやすいのが揃ってる程度のクウォリティで安価なもの、でこれを使い始めたらずっとこればっかり。
以前ホームセンターで5kg400円とかのを買ったらススまみれになって懲りた。
もっと良いのも色々あるみたいだけど、とりあえず充分。
発注時には5kgが発注できなくなってたから2.5kgを買ったけど、今見たら5kgも買えるみたい。
キャンパーズコレクション 厳選木炭5kg
なあんだ。
相変わらずスカイラインに詰める範囲の貧弱装備でキャンプシーズンに入るけど。
いま考えてみたら、一番正解だった道具は、一番最初に買ったロゴスのエアーマットか。

ロゴス(LOGOS) エアウェーブマット・シングルJ 72882112
商品紹介
どんな凹凸も感じさせないLOGOSだけのエアウェーブマット。少ない空気でしっかり体を支える、エアウェーブ構造。枕の高さを更に快適に。他のエアマットと比較して、空気注入量が少なくてすむので、空気注入が楽です。


地面の凸凹と冷気をしっかり遮断してくれて、しかも「ウェーブ構造」で空気入れがほんとに楽。 しまうと場所を取らない。
これのお陰で、雪中(は言い過ぎか、雪横、くらいか)での氷点下キャンプも、1万円台のファミリーテントと千円寝袋で決行できる。
このシングルと、ダブルを並べて親子4人が寝ている。
しかし値段は2009年に3480円だったのが、4,650円に値上がってるんだ。 やっぱり人気なのか。
そういえば、もう2年以上使ってて壊れてないのも、リッパ。
カセットボンベランタンも、活躍してるなあ。
虫よけの効果は感じてないけど、手軽でそこそこ明るくてイイ。

ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ST-233
商品の説明
虫のよりにくいランタン◆テントサイトを明るくするとどうしても起こるのが虫問題。虫の寄りにくいランタンは3つの効果で虫対策も万全。しかもパワーブースター標準装備でドロップダウン(連続使用時にボンベが冷えて火力が落ちる現象)を防ぎ安定した光量を持続します。◆1.ハーフストライプホヤで虫には感じにくい波長の長いオレンジ発光。(人間には同じ明るさです)。2.蚊トリフレクターには市販の蚊取マットが装着可能。防虫効果で虫を遠ざけます。3.リフレクターを装着して照らしたいところだけを照らし、虫がいる森側の光はカット。3つの効果で対策万全です。

「キャンプ準備で木炭購入、エアーマットで今年も万全」への1件のフィードバック

  1. 水上 宝台樹キャンプ場

    水上 宝台樹キャンプ場 〒379-1721 群馬県利根郡みなかみ町藤原915-1 TEL 0278-75-2221 去年に引き続き、水上宝台樹キャンプ場…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。