ドイツテレコムが先進的なDNSサービスを開始 | Business Wire

ドイツテレコムがDNSサービスを発表。
可用性とセキュリティを強調。
ドイツテレコムが先進的なDNSサービスを開始 | Business WireMarch 23, 2015 04:57 AM Eastern Daylight Time

独ボン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– ドイツテレコムの国際ホールセール事業部門であるインターナショナル・キャリア・セールス&ソリューションズ(ICSS)は本日、ICSSルート(ICSS Route)という名称の新しいドメイン名システム(DNS)サービスを開始したと発表しました。ICSSルートの狙いは、ウェブサイトの可用性とパフォーマンスを攻撃から保護できるようにすることです。
「ICSSルートは、他のシステムが対処できない問題すべてに対応するために開発しました。エンタープライズグレードの専用プラットフォームで、極めて高度なパフォーマンス・可用性・セキュリティーを誇ります。拡張性があり、先行投資が不要なため、コスト効率も非常に優れています。」
ICSSルートは、真の意味でグローバルなDNSネットワークとインテリジェントなルーティング機能に基づいており、高速な応答と低遅延を保証して、世界中のどこからでも確実にアクセスできるようにしています。さらに、分散型サービス拒否(DDoS)攻撃からの完全な回復力を備えています。
またICSSルートは、サーバーのパフォーマンス、可用性、トラフィック管理の監視機能も備えています。ICSSルートは権威サーバーのみとして機能し、再帰モードでは動作しないため、キャッシュポイズニング攻撃やその他のリスクの影響を受けることはありません。RFCに完全準拠したソリューションなので、マネージドDNSサービスとしてもセカンダリーDNSサービスとしても運用でき、パブリックAPIセットあるいはICSS CDNウェブポータルを介して利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。