訃報:シンセサイザー設計の先駆者、ドン・ブックラ氏 | スラド ハードウェア

ムーグと同時期にシンセサイザーを開発していたドン・ブックラという人が亡くなったニュース。
訃報:シンセサイザー設計の先駆者、ドン・ブックラ氏 | スラド ハードウェア


ストーリー by headless 2016年09月18日 15時20分訃報 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、
シンセサイザー設計の先駆者であり、その名を冠した「Buchla」シンセサイザーで知られるドン・ブックラ氏が14日、79歳で死去した(The Guardianの記事)。
日本ではシンセサイザーの設計者としてロバート・モーグ氏が有名だが、ブックラ氏もモーグ氏と同時期にシンセサイザーの開発を行っていた。製品の販売開始はモーグが先であり、さまざまなジャンルのミュージシャンに使われていたことからモーグ氏を「シンセサイザーの父」と呼ぶことが多いが、ブックラ氏もシンセサイザーの先駆者として十分に評価されるべき人物であろう。
正弦波や矩形波、鋸波といった基本的な波形を生成する発振器を用い、ローパスフィルターで操作して音色を作り出すモーグシンセサイザーとは異なり、ブックラは周波数変調や振幅変調などを用いて直接的に波形を生成する複雑な発振器を用いるのが特徴だ。ブックラ氏は「シンセサイザー」という言葉が既存の音を真似るものという印象を与えるとして好まなかったという(ブックラの歴史)。

へえ、そういうのがあったんだ。

YouTubeで「Buchla」で検索すると、実際のBuchlaシンセサイザーの音が確認できますよ。
ざっと見てみたけど、 コレ [youtube.com]なんか凄いです。


自由度がおおきいってことかな。
途中からタブレットみたいな変なコントローラを指でなぞるようにして演奏している。
なんだか、すごい。

アイ・ドリーム・オブ・ワイヤーズ 【DVD】
アイ・ドリーム・オブ・ワイヤーズ 【DVD】
売り上げランキング: 15,484

モジュラーシンセサイザードキュメンタリーの決定版!「I Dream of Wires」日本語版入荷! 世界初のシンセサイザーRCA Mk IIの誕生、MoogとBuchlaの2大オリジネイターのデザイン哲学、シンセサイザーの大衆化とプリセットシンセの登場。そしてソフトウェアシンセサイザー。死んだかに見えたモジュラーシンセが、オープンなユーロラックフォーマットとして復活し、究極の電子楽器として世界を席巻し始めるまでの物語をインタビュー中心にまとめた、本気のドキュメンタリー。待望の日本語化劇場版です。またモジュラーシンセサイザー初心者のための”Synth 101 For Beginners”など、66分に及ぶ特典映像も収録されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。