Uberの自律走行車が起こした死亡事故は、拙速な商用化に“ブレーキ”をかける|WIRED.jp

米アリゾナ州で、ウーバーの自動運転車が死亡事故を起こした。

Uberの自律走行車に歩行者がはねられ、死亡する事故が発生した。まだ未成熟である自動運転技術による重大な事故によって、今後の商用化に向けた公道試験に厳格な規制が適用される可能性が高い。自律走行車の業界と規制当局に求められる、「次の一手」とは

情報源: Uberの自律走行車が起こした死亡事故は、拙速な商用化に“ブレーキ”をかける|WIRED.jp


原因については報道がないみたい。
それによっても影響が変わってくるんだろう。

アリゾナ州では、自動運転車の走行は今まで自由にできたらしい。
そして今月には、オペレーターなしの完全な自律走行を許可する州知事令がでていた。
面白い国だなあ。

状況についてもう少し書いてある記事。

The death of a woman who was struck by an autonomous car operated by Uber is believed to be the first pedestrian fatality associated with self-driving technology. Here’s what we know about how it happened.

情報源: How a Self-Driving Uber Killed a Pedestrian in Arizona – The New York Times

自動車は40MPH (約時速64km)で走行していて、減速していなかったらしい、ということはセンサーが歩行者を全く検知していなかったのか。


ドライバーレス革命 自動運転車の普及で世界はどう変わるか?
ホッド・リプソン メルバ・カーマン
日経BP社
売り上げランキング: 177,361

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。