全米の都市の風景が、乗り捨て可能な「シェア電動自転車」で変わる? Uberも参入、人気急拡大へ|WIRED.jp

米国で電動自転車のレンタルサービスが増えている話。

電動アシスト自転車を用いた乗り捨て可能なシェアサーヴィスが、爆発的な勢いで全米に広がっている。モーターによるアシストがあるおかげで楽に移動できることと、場所を選ばずに借りて返せる手軽さが強みだ。カーシェアの業界は警戒を強め、利用者はインフラ

情報源: 全米の都市の風景が、乗り捨て可能な「シェア電動自転車」で変わる? Uberも参入、人気急拡大へ|WIRED.jp

Nereは1分で約25セント(約27円)、ジャンプ・バイクスは初乗りが30分で2ドル(約210円)、それを超えると1分につき7セント(約7円)だ。

なるほど。30分で200円は、いいかもしれない。

ドックレス電動自転車はどこで乗り捨てても構わない。ジャンプ・バイクスは専用の鍵を使い、公共の駐輪場に“返却”する。Nereは、鍵さえかければどこでも好きな場所に乗り捨ててよい。レンタルしたいときはアプリを使う。近くにある自転車の位置や、充電レヴェルを調べることができる。

駐輪場が問題だろうなあ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。