インド洋に航空機の残骸―昨年の不明マレーシア機との関連調査 – WSJ

マレーシア航空の行方不明機、今頃残骸が出てきたか。
インド洋に航空機の残骸―昨年の不明マレーシア機との関連調査 – WSJ
By MATTHEW DALTON, DREW HINSHAW and ROBERT WALL
2015 年 7 月 30 日 07:50 JST

 フランス当局は、インド洋の同国領レユニオン島の海岸に打ち上げられた航空機の残骸の調査を始めた。同海域では昨年3月、マレーシア航空機370便が消息を絶ち依然として行方不明だが、フランス当局はこの残骸と同機の関連性は現段階ではまだ判断できないとしている。
 レユニオン島警察担当者によると、残骸は航空機の翼の一部のようで、大きさは横3メートル、縦1.5メートル程度。「小さな飛行機の残骸ではない」と同担当者は話している。

 この残骸と370便との関連については既にネット上で大騒ぎとなっている。同便は昨年3月8日、乗客乗員239人を乗せてクアラルンプールを出発、北京に向かっていたが途中から大きく航路から離れ、オーストラリアの南西沖のインド洋に墜落したとみられている。これまで2万3200平方マイル(約6万平方キロ)の海域を捜索したが、同機のいかなる残骸もみつかっていない。
 以前にフランス海軍の海洋偵察機の捜索にあたったことのある航空コンサルタントのグザビエ・ティトルマン氏は今回の残骸の写真を見て、同僚と多くの機種を点検したが、「ボーイング777型機の残骸のようにみえる」と述べた。同氏は残骸が、飛行制御のための翼のフラッペロン部分のようだとしている。
 ティトルマン氏もこの残骸が370便のものであるかは不明としている。ただ、当初の捜索海域から離れてはいるものの、同じインド洋で見つかった以上、370便のものである可能性は非常に高い述べた。

しかしレユニオン島って、もうマダガスカルの近く。
すぐアフリカってところ。
そんなところまで飛んでたのか、潮で流されたのか。

E12 地球の歩き方 マダガスカル/モーリシャス/セイシェル 2015~2016
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 54,650

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。