NASAのソーラー飛行機にはプロペラ18台

NASAが開発中の太陽光動力の飛行機には、小さいプロペラが18台搭載される。
NASA Straps 18 Propellers to a Wing, Because Science | WIRED


それじゃ効率悪かろうと思ったけど。
翼に直接揚力を与えることができて効率がいい由。
従来の飛行機は前に進んで翼が空気を通過するようにさせる。
NASAの設計だと、プロペラが翼に風をぶつける。
主に3点の利点が生まれる。

  • 離陸に必要な滑走距離が短い。
  • 翼の設計を、離陸ではなく巡航に最適化できる。
  • 各プロペラの回転数を変えることで効率や乗り心地、騒音を改善できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。