認知バイアス-見られていることを意識してしまう(観察者効果)

いろいろな形の認知バイアスについてまとめてあるページ。
認知バイアス-見られていることを意識してしまう(観察者効果)


目次
認知バイアスとは?
社会心理学【一級市民と二級市民 (内集団バイアス・恨みに訴える論証)】
認知バイアス【勝ち馬に乗れ (バンドワゴン効果)】
認知バイアス【赤信号みんなで渡れば怖くない (リスキーシフト)】
認知バイアス【不快な事実は認めたくない (感情バイアス)】
認知バイアス【印象は基準により変化する (アンカー効果)】
認知バイアス【都合の良い事実しか見ない (確証バイアス)】
認知バイアス【成功は自分の力、失敗は他人のせい (自己奉仕バイアス)】
認知バイアス【もう聞きたくないから黙れ! (認知的不協和)】
認知バイアス【今やめたらこれまでの投資が無駄になる (コンコルド効果)】
認知バイアス【堅実性を選ぶか、賭けに出るか (プロスペクト理論)】
認知バイアス【表現が変われば印象も変わる (フレーミング効果)】
認知バイアス【占いはなぜ当たるのか (バーナム効果)】
認知バイアス【後光が差す (ハロー効果)】
認知バイアス【俺は最初から分かってたよ (あと知恵バイアス)】
認知バイアス【見られていることを意識してしまう (観察者効果)】
教育心理学【どうせ頑張っても無駄だよ (学習性無力感、学習性無気力)】

きみの脳はなぜ「愚かな選択」をしてしまうのか 意思決定の進化論 (KS一般書)
ダグラス・ T・ケンリック ヴラダス・グリスケヴィシウス
講談社
売り上げランキング: 16,943

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。