ナスカの地上絵に落書き グリーンピースをペルー政府が法的措置へ【画像】

グリーンピースがナスカ地上絵に落書きをした?
ナスカの地上絵に落書き グリーンピースをペルー政府が法的措置へ【画像】

ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」で、環境保護団体「グリーンピース」が巨大な落書きをしたことがわかった。
イギリスの新聞「ガーディアン」によると、12月8日の早朝に活動家12人が地上絵のある平原に侵入。「変化する時が来た!未来は再生可能 グリーンピース」と、黄色の布でつくったメッセージをハチドリの地上絵の近くに置いたという。


これ、コラじゃないのか。



とんでもない。
そもそも怪しい団体なうえに、こんなことまでやるのか。

団体全体の同年度予算は1億4300万ドル(147億2900万円[注 3])にものぼるほどで、「巨大資金団体」としたうえで[10]、同団体は税控除が適用される寄付金を集め、さらにそれを会計上異なる関連団体に分配している グリーンピース (NGO) – Wikipedia

世界遺産 ナスカの地上絵 完全ガイド (GEM STONE 45)
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 32,137

「ナスカの地上絵に落書き グリーンピースをペルー政府が法的措置へ【画像】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。