充電ポートを争う電気自動車ドライバーたち

シリコンバレー企業の駐車場で、電気自動車用の充電ポートをめぐる争いが増えているらしい。
1/20にサンノゼ・マーキュリー誌が報告してからいろんなメディアでCharge Rage (充電争い)の記事が出ている。
‘Charge rage’: Too many electric cars, not enough workplace chargers – San Jose Mercury News
「充電争い」電気自動車が多すぎ、職場の充電器が足りない


SAPが駐車場に充電器を16台導入した時には、ユーザーは数名しかいなかった。
ところが電気自動車の従業員が61名になって、足りなくなってしまった。
すると、勝手に人の車からコードをつなぎ替えたり、終わったらさっさと動かせよとメールで文句を云ったり、コードをつなぎ変えた人に充電を盗むなと怒鳴りこんだりするトラブルが発生している。
だったら自宅で充電しとけばいいじゃないかと思うんだけど、記事を読むとどうやら、電気代を節約したい意図があるらしい。
そのあげくに喧嘩するのか。
乞食の縄張り争いみたい。
Yahooで働いていた、BMW Active Eに乗っているジョージの言い草:

オレは午後6時までに行かなきゃいけないところがあったのに、充電器が埋まってたんだ。 一日中、つなげなかった。 そしたらシボレー・ボルトが充電終わってたみたいだったから、それを引っこ抜いて30分だけ充電したんだ。 ボルトって電気だけじゃなくて、エンジンももってるんだろ。 ところが次の日、ボルト野郎が怒っちゃってさ。 メール送ってきて、オレが充電を盗んだってさ。 コワいよね。

こんな感じの人たちが乗ってるんだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。