カナダで琥珀に恐竜の羽毛11点

これはすごい。
とってあった琥珀の中に恐竜→鳥への進化の証拠が見つかるなんて。
asahi.com(朝日新聞社):琥珀に恐竜の羽毛11点 進化の過程はっきり カナダ – サイエンス

 白亜紀後期の琥珀(こはく)から羽毛恐竜や鳥類のものとみられる羽毛11点が見つかったとカナダ・アルバータ大のチームが16日付の米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。今回は羽毛の立体的な構造までが保存されており、羽毛の進化をはっきりとたどることができる。
 カナダのアルバータ州には白亜紀後期(約7千万年前)の琥珀が多く産出する。琥珀は装飾品にもされるが、樹液が固まったもので、大昔の昆虫や植物を封じ込めていることがある。
 アルバータ大のチームは、同州にあるロイヤル・ティレル博物館と大学が所蔵する約4千点の琥珀を調べ、11点に羽毛が入っていることを見つけた。羽毛は繊維状の軸だけのものから、枝分かれしたものまで様々あり、進化段階を詳細にたどることができた。

 
ロイヤル・ティレル博物館って、こないだドラムヘラーで行ったとこじゃない。
Royal Tyrrell Museum
常設で恐竜をはじめいろんな動物・植物の多数の化石のほか、昔の環境をいろいろな形で見せたり、白亜紀ガーデンまであって、楽しめた。
日本で毎年開催される恐竜博とはさすがに、規模も内容も違う。
国立科学博物館の常設展示も結構立派だけど。
国立科学博物館 – バーチャルミュージアム恐竜
こんかいの羽毛は、ここに写真がいっぱいある。
Trove of Dinosaur Feathers Found in Canadian Amber | Wired Science | Wired.com

新版 恐竜の飼いかた教えます
ロバート マッシュ (著), Robert Mash (原著), Richard Dawkins (原著), 新妻 昭夫 (翻訳), 山下 恵子 (翻訳), リチャード ドーキンス
大型本: 96ページ
出版社: 平凡社 (2009/03)
ISBN-10: 4582524052
内容(「BOOK」データベースより)
ボディガードや子守もできるし、乗り物にも、食べ物にもなる恐竜たちとの楽しくもキケンなジュラシック・ライフのすすめ。目的にあわせ最適な恐竜を選ぼう。病気と治療、恐竜ショップの案内も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。