CrayがLos Alamos向けにPFLOPS級のスーパーコンを開発中

CrayがLos Alamos向けにPFLOPS級のスーパーコンを開発中
Cray building petascale supercomputer for Los Alamos
コード名Cielo$45Mの予算で今年後半に稼動予定。
現在第1位のOak RidgeにあるCray Jaguar XT5 (1.75TFLOPS)をベースにインターコネクトのチップセットを新しく作る。
Top 500リストのサイトを見てみたら、再来年には10PFLOPSを超える見込みなのね。
http://www.top500.org/lists/2009/11/performance_development
どっちにしろ、LINPACKのスコアなんだから、あんまり騒ぐ意味はないと思うけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。