クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) | グレッグ イーガン, 山岸 真, 中村 融 | 本 | Amazon.co.jp

いやあ、大変な本だった。

クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
グレッグ イーガン
早川書房
売り上げランキング: 116,039

ハードというか、ハードというか。


人間は出てこずにわけわからない知的生物が登場人物。
手を自由にはやせたり、生殖が全然違ったり。
舞台は当然違う星だし、物理法則が僕達と違う。
光の速さが周波数によって異なるんだって。
物語の主人公が物理学者で(といっても「回転物理学」)、その法則を発見していく過程で図解がたくさん出てきたりする。
で、500ページ以上の本書が三部作の第一作。
既に無理な感じだけど、いちおうSFが好きです、って言い続けるためにいちおう読んどかなきゃかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。