占星師アフサンの遠見鏡 / ロバート・J. ソウヤー著

占星師アフサンの遠見鏡 / ロバート・J. ソウヤー著
Far-Seer / Robert J. Sawyer 20050630-Thr
この人のアイディアはすごいな。
ターミナル・エクスペリメントに続いて2冊目だけど驚きの連続。
どこかの星の(恐らく)ゴジラみたいな高等生物の話。二足歩行だが長い尻尾があり、感情表現やマナーに利用される。出たり引っ込んだりする鉤爪、まぶたの内側に薄膜。そういった特徴が生冶、習性、宗教と星占いを軸とする社会の基礎として描き出される。
そういう主人公が通過儀礼で狩りに出て恐竜の様な獲物に飛びかかっていくとは、何たる想像力。しかもまだほんのイントロだよ。
その後アフサンは「巡礼」に出かけるんだけど、世界の秘密に迫ったり、世界の危機にまで話が展開したり、やってくれる。
まったく人間と異なる登場人物に共感を抱かせるってのも、すごいね。
占星師アフサンの遠見鏡 ハヤカワ文庫SF
ロバート・J. ソウヤー (著), Robert J. Sawyer (原著), 内田 昌之 (翻訳)

「占星師アフサンの遠見鏡 / ロバート・J. ソウヤー著」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。