逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密: マルコム・グラッドウェル, 藤井 留美: 本

Banes and Nobleの2013年ベストに選ばれた本。

逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密
マルコム・グラッドウェル
講談社
売り上げランキング: 11,298

原題は、David and Goliath: Underdogs, Misfits, and the Art of Battling Giants。
「ダビデとゴリアテ:負け犬、落ちこぼれ、そして巨人に立ち向かう美学」かな。
逆転!なんていう煽りタイトルは好きになれない。
マルコム・グラッドウェルの本だとわかってなかったら読まなかったかもしれない。


面白いお話が次から次へと出てくる、けどエピソードが多くて長くて、ちょっと飽きた。
この人の本はそういう傾向があるかもしれないけど、今回は特に感じた。
タイトルを表す内容はプロローグから第1部(不利は有利で、有利は不利)。
優位と思う相手にも弱点がある、ルールを変えてしまうようなアイディアをだす、決まりきった評価にとらわれない、といったこと。
体系だった説明はない。
第2部 望ましい苦労はハンディをバネにしてかえって成功した事例の照会。
第3部 力の限界は剛よりも柔が成功するといったはなし。
そういうこともある、という程度のお話に読めた。
結局、ちょっと残念な感じ。

競争の科学----賢く戦い、結果を出す
ポー・ブロンソン アシュリー・メリーマン
実務教育出版
売り上げランキング: 23,552

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。