ソーシャルメディア進化論: 武田隆: 本


ソーシャルメディア進化論
単行本(ソフトカバー): 336ページ
出版社: ダイヤモンド社 (2011/7/29)
ISBN-13: 978-4478016312
内容(「BOOK」データベースより)
本書では、ソーシャルメディア・マーケティングの第一人者が12年の歳月をかけて確立した最新手法を初めて公開する。花王、ベネッセ、カゴメ、レナウン、ユーキャンなど約300社を支援してきた実績をもとにソーシャルメディアを網羅的に分析し、消費者ネットワークを収益化する方法を解説する。


参考になる部分もあったけど、全部読むのは辛かった。
最初のほう、全体の四分の一程を占める第2章までは、世界のしくみをわかってますよ的な理論的な話だったけど、借りてきたような内容が多くて、流し読みした。
例えば、

1984年に全米の注目を集めたアップルのCMを覚えている読者もいるかもしれない。

なんて、当時10歳くらいだったはずの著者に見てきたように言われてもなあ。
何回か、読むのをやめようかと思った。
ソーシャルメディアの分類を試みている第3章と、「企業コミュニティ」と名付けた著者の会社の商材開拓を説明する第4章は面白かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。