AWS設定ミスで情報漏洩 – 米国防総省

クラウド設定不備による情報漏洩。
米国防総省のウェブ監視データがAWSで公開状態になっていた。

The military databases hold at least 1.8 billion internet posts scraped from social media, news sites, forums and other publicly available websites, Vickery told CNN Tech. The posts are in multiple languages and originate from countries across the world, including the United States.The information, which Vickery said goes back as far back as 2009, is held by U.S. Central Command (Centcom) and U.S. Pacific Command (Pacom). There’s no indication that malicious attackers accessed the databases. The Defense Department secured the data by October 1 after Vickery alerted officials of the problem in mid-September, he said.

情報源: Pentagon exposed some of its data on Amazon server – Nov. 17, 2017

“AWS設定ミスで情報漏洩 – 米国防総省” の続きを読む

ボストン・ダイナミクスのヒト型ロボットが、なんと「バク宙」するまでに進化した(動画あり)|WIRED.jp

Boston Dynamicsの最新ロボット。
動きが良すぎてキモチ悪い。

ヒト型ロボット(ヒューマノイド)が、まさにバク宙をしている。さらにその前に、ロボットは台から台へと飛び移っている。まるで二足歩行ロボットはそうするのが当たり前であるかのように──。

情報源: ボストン・ダイナミクスのヒト型ロボットが、なんと「バク宙」するまでに進化した(動画あり)|WIRED.jp

“ボストン・ダイナミクスのヒト型ロボットが、なんと「バク宙」するまでに進化した(動画あり)|WIRED.jp” の続きを読む

iPhone Xにホームボタンを“復活”させられるアクセサリーが登場 – iPhone Mania

iPhone X用の外付けホームボタンが発売。

LightningでiPhone Xに挿し込むことで、ホームボタンとイヤホンジャックという、iPhoneから失われた2つの要素を“復活”させることができます。 iphone x ガジェット アクセサリー 価格はコンセプトイメージの段階で599.99ドル(約67,800円)

情報源: iPhone Xにホームボタンを“復活”させられるアクセサリーが登場 – iPhone Mania

“iPhone Xにホームボタンを“復活”させられるアクセサリーが登場 – iPhone Mania” の続きを読む

実は凶器? ティラノサウルスの短すぎる腕に新説 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

T-rexの小さい腕を侮ってはいけないらしい。

米ハワイ大学マノア校の古生物学者スティーブン・スタンリー氏は、Tレックスの腕は接近戦の際に、相手を「凶暴に切り裂く」ことによく適応しており、長さ約10センチの鉤爪で獲物に深い傷を負わせられたと主張する。

情報源: 実は凶器? ティラノサウルスの短すぎる腕に新説 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

“実は凶器? ティラノサウルスの短すぎる腕に新説 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト” の続きを読む

(いまごろ)Windows 7をWindows 10にアップグレード

たまたまWindows 7のノートPCを入手したので、Windows 10にアップグレードしてみた。
うまく行ったみたい。
無料アップグレード期間はとっくに終了したという情報があるけど:

“Windows 10 を入手” (GWX) アプリによる Windows 10 の無償アップグレードは、2016 年 7 月 29 日に終了しました。

情報源: Windows 10 へのアップグレード: FAQ – Windows Help

はやくアップグレードさせるためだった模様。
“(いまごろ)Windows 7をWindows 10にアップグレード” の続きを読む

イエメンからサウジにミサイル攻撃、首都上空で迎撃・破壊s

イスラエルにミサイルが飛んできている。

【11月5日 AFP】サウジアラビア当局は4日、首都リヤド(Riyadh)上空で、内戦が続くイエメンから発射された弾道ミサイル1発を迎撃・破壊したと明らかにした。ミサイルの残骸は首都の国際空港の敷地内に落下した。 イランの支援を受けるイエメンのイスラム教シーア派(Shiite)系反政府武装組織「フーシ派(Huthi)」がこのミサイル攻撃を実施したとする声明を出した。サウジアラビアの首都中心部を狙ったミサイル攻撃はこれが初めてで、イエメンの激しい内戦による脅威の高まりを浮き彫りにした。

情報源: イエメンからサウジにミサイル攻撃、首都上空で迎撃・破壊 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

そして迎撃に成功したらしい。

 サウジアラビア軍はこれまで米国から購入した地対空誘導弾パトリオット(Patriot)でフーシ派のミサイルを迎撃・破壊してきたが、ミサイルが今回ほど人口密集地の近くにまで来たことはほとんどない。

実戦でこんなことがおこってるのか。

ランサムウェアの多目的化

ランサムウェアの被害が頻発化すると同時に、多目的化して被害も多様化してきた。

2017年は「ランサムウェアの年」だったと言っても過言ではない。 ファイルを暗号化するマルウェアは30年も前から存在しているのは確かだ。 だが、おそらくここ数ヶ月の間に、”セキュリティ業界に携わる人達の懸念”から、”世界的な懸念”まで押し上げられてしまったのではないだろうか。 実際にランサムウェアという単語が、今年の9…

情報源: ランサムウェアが今年3種類も流行。変化するランサムウェアの利用方法とは – 忙しい人のためのサイバーセキュリティニュース

“ランサムウェアの多目的化” の続きを読む