「頭を使え!」名門音楽大学教授による効率よく能力を高める練習法とは? | ライフハッカー[日本版]

バイオリニストでジュリアード音楽院の教授が説く、練習の仕方。
繰り返し練習は意味が無い。
計画的な練習が必要。
問題点を見つけて、理想形をイメージして、実現方法を考える。
「頭を使え!」名門音楽大学教授による効率よく能力を高める練習法とは? | ライフハッカー[日本版]

1. 集中力がすべて
練習時間は自分が集中できる長さに収めておくこと。人にもよりますが、10~20分、長くても45から60分程度でしょう。
2. タイミングもすべて
一日の中で最も元気な時間を探しましょう。朝早くかもしれないし、ランチの直前かもしれません。練習をするならこのような生産的な時間を選ぶようにしましょう。苦手な時間帯には仮眠を取るのがオススメです。
3. 記憶力をアテにしない
練習ノートを作りましょう。練習計画を立てて、目標を書き込み、練習で発見したことを記録するためです。Mihaly Czikszentmihalyi氏が言うように、練習に集中するするコツは「練習する目的を常にハッキリさせておくこと」です。練習から得たいものは何か(どんな音が弾きたいとか、どんなフレーズや言い方を試してみたいか)など、常に完成イメージを意識しましょう。もちろん、改善点を探し続ける姿勢も忘れずに。
新しく気づいたことや、解決策を思い付いたときは、迷わず書き出してください。しっかり意識を集中して練習に取り組めば、小さな改善点や発見はいくつも見つかるはずです。
4. がんばるのではなく、賢くなる
物事がうまくいかないとき、原因は単純に練習が足りないだけということもありますが、思い切って方向転換をしないといけない場合もあります。
5. 常に問題解決型思考で目標達成を目指す
「繰り返し型練習」はとても簡単にできてしまうので注意が必要です。下記にある「6つの問題解決モデル」を活用して、常に頭を使って練習するようにしましょう。

    1. 問題を定義する(結果はどうだったか、それをどう変えたいか)
    2. 問題を分析する(何がその結果を引き起こしているか)
    3. 解決案を出す(何をしたら、結果を改善できるか)
    4. 解決案を検証して、効果のある案を選ぶ(どれが最も効果があるか)
    5. 選ばれた解決策を実行する(練習して変化が持続するようにする)
    6. 効果の確認をする(望んだ結果が得られ続けているか)

私物携帯電話を業務利用した費用を企業が負担すべき、米国で判決

米国の裁判でBYOD機器の利用料を企業が負担するべきと判決が出た。
カリフォルニア控訴審、雇用者にBYOD利用料弁済を命じる判決 – ZDNet Japan
Larry Seltzer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2014年08月20日 11時25分

 カリフォルニア州控訴審裁判所は米国時間8月19日、従業員の私物携帯電話の業務利用を求めた雇用者は「携帯電話利用料請求額の妥当な割合」を弁済すべきとする判断を示し、BYOD(Bring Your Own Device:私的端末の業務利用)を進める雇用者間に波紋が広がっている。この判決は、Schwan’s Home Servive, Inc.に補償を求めた集団訴訟をめぐるもので、カリフォルニア州労働法第2802条の解釈を再考するよう第一審裁判所に命じている。
 2808条の核心部分には、「雇用者は従業員のすべての妥当な出費、従業員の責務遂行に起因する損失、あるいは雇用者の指示に従って従業員の被った損失を弁済するものとする」と記されている。
 この弁済案は、携帯電話利用料の支払者が誰であるかについては問題にしていない。「従業員が業務に関する電話に、私物の携帯電話使用を要求されたこと、そして、弁済を受けていないことさえ示せば、雇用者に第2902条が定めた義務が生じる」と同裁判所は述べている。
 この判決の補償事由から浮上する問題点も少なくない。例えば、従業員が家族特典により均一料金で音声通話できるグループを設定していた場合、補償に影響があるのか。また、BYODに対して従業員に均一の手当を支給している企業に対しては、裁判所のいう「携帯電話利用料請求額の妥当な割合」がこの支給手当の妥当性を揺るがすことになる。

OpenSSLハートブリードの攻撃による個人情報漏洩事件 – 米病院チェーンのCommunity Health Systems(CHS)社

米国の病院で患者250万人の個人情報が漏洩した事件は、ハートブリードのバグを攻撃されていた。
患者450万人の個人情報流出、発端はOpenSSLの脆弱性だった – ITmedia ニュース

 米病院チェーンのCommunity Health Systems(CHS)社から患者約450万人の個人情報が流出した問題で、米セキュリティ企業TrustedSecは8月19日、4月に発覚した「Heartbleed」と呼ばれるOpenSSLの重大な脆弱性を突く攻撃が、流出の発端だったことが分かったと伝えた。
 CHSのネットワークは4~6月にかけて外部から攻撃され、系列の医療機関を受診した患者約450万人の氏名や住所、社会保障番号などが流出したとされる。TrustedSecは、この問題に関する調査に詳しい関係者から情報を入手したという。
 それによると、攻撃者はHeartbleedの脆弱性を突いてCHSのJuniper製デバイスのメモリからログイン情報を収集し、それを使って仮想プライベートネットワーク(VPN)にログインしていた。そこからCHSのネットワークをかぎ回り、データベースに保存されていた患者450万人の情報を入手したとみられる。
 Heartbleedの脆弱性は4月上旬に発覚し、OpenSSLの更新版が4月7日に公開された。JuniperのWebサイトに掲載された情報によれば、同社のSSL VPN製品向けのパッチリリースは5月6日までに行われたようだ。

Windows 7 タスクの起動エラー 「構成されているクォータを超過」

タスクスケジューラで仕掛けている目覚ましが動かなかった。
エラーメッセージ

タスク キューにあるタスクの数が、現在 100 に構成されているクォータを超過したため、タスク スケジューラはタスク “\Alarm” を開始できませんでした。ユーザー操作: 実行中のタスク数を減らすか、構成されたキュー クォータを増やします。

100個もタスクが仕掛けられているの?
そんなわけないんだけど。
ともかく、キュー クォータを増やす。
Event ID 131 — Task Scheduler Service Quotas

レジストリエディタで、レジストリを編集。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\Schedule\Configuration
の、
TasksInMemoryQueue
の値を100から200にした。

“Windows 7 タスクの起動エラー 「構成されているクォータを超過」” の続きを読む

プロバイダーが利用者宅で調べると…対応に限界 : IT&メディア : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

DNSアンプ攻撃に関する読売新聞の記事。
加入者のルーターを踏台にするDNSアンプ攻撃でプロバイダーのサービスに支障が出ている。
プロバイダーが利用者宅で調べると…対応に限界 : IT&メディア : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)2014年08月02日 10時47分

 パソコンやタブレットなど、複数の端末をインターネットで使う際に便利なルーターが悪用された「DNSアンプ攻撃」。

“プロバイダーが利用者宅で調べると…対応に限界 : IT&メディア : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)” の続きを読む