オバマ大統領のツイッター上リンクがシリア電子軍に乗っ取られた

オバマ米大統領のツイッターコンテンツがハッキングされた事件の解説記事。
Infosecurity – @BarackObama Twitter Links Hacked by Syrian Electronic Army
29 October 2013
オバマ大統領のツイッターアカウント記事にあるリンクをクリックすると、シリア電子軍の広報ビデオにつながるように改竄されていた。

“オバマ大統領のツイッター上リンクがシリア電子軍に乗っ取られた” の続きを読む

ファイルを人質に取って脅す「Cryptolocker」が猛威 – ITmedia ニュース

コレはコワい。
ファイルを人質に取って脅す「Cryptolocker」が猛威 – ITmedia ニュース

 Cryptolockerは2013年9月初旬ごろに出現したランサムウェアで、感染するとシステム内の文書ファイルが全て暗号化され、300ドルあまりの「身代金」を72時間以内に払うよう要求されるという。
 ISCによれば、現時点では身代金を払う以外に、ファイルの暗号を解除できる手段はほとんど存在しない。ただ、Microsoftの「Shadow Volume Copies」などを使えば、非常に限定的ながら一部を復旧できる可能性はあるとしている。
 Cryptolockerが感染する経路はさまざまで、UPSやFedexの宅配連絡通知を装ったスパムメールが使われたり、マルウェアの「Zbot」とともに感染することもある。ウイルス対策ソフトで検出できる場合も多いので、常に最新の状態に保つようISCは勧告している。

「身代金を払う以外に、ファイルの暗号を解除できる手段はほとんど存在しない。」って、払うことを勧めるような書き方をしたらいかんでしょ。
払ったら解除できると保証できるわけでもない。
少なくとも犯行拡大の動機を与える。

“ファイルを人質に取って脅す「Cryptolocker」が猛威 – ITmedia ニュース” の続きを読む

古代の世界 – 「初期人類はすべて同一種」とする新説 – ナショナルジオグラフィック

2000年に最初にグルジアで見つかった初期人類化石にまつわる話。
こないだから人類20万年 遙かなる旅路という本を読んでいたところで、タイミングがイイ。
やっぱりまだ良くわかってないんだなと。
ここ十年くらいで飛躍的に進歩中ということかもしれない。
ニュース – 古代の世界 – 「初期人類はすべて同一種」とする新説 – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)

 だが今回ロードキパニジェ氏らがまとめた論文では、別の可能性が示されている。ドマニシ原人はホモ・エレクトスと同系統に属しており、これまでホモ・エレクトスとは別種であると考えられてきたさまざまな初期人類も、すべてこの同じ系統に含まれるというのだ。
 ロードキパニジェ氏らはこの単一の系統をたどれば、240万年前に東アフリカで発生したホモ・ハビリスという最初期のヒト属に行き着くものと考えている。つまり、これまでさまざまにグループ分けされていた初期人類は、すべて単一の種であり、ホモ・ハビリスもドマニシ原人も、時代が下ってホモ・エレクトスも、すべてつながっているということになる。

“古代の世界 – 「初期人類はすべて同一種」とする新説 – ナショナルジオグラフィック” の続きを読む

人類20万年 遙かなる旅路: アリス ロバーツ, 野中 香方子: 本

「美人科学者」がアフリカから拡散した人類の足跡をたどるために世界中を訪問、その場所にちなんだ人類誕生~拡散の話題を解説する本。
面白い。

人類20万年 遙かなる旅路
アリス ロバーツ
文藝春秋
売り上げランキング: 39,660

内容(「BOOK」データベースより)
「太古の人類の足跡をたどり、世界中の人々に会い、人類の遺物や化石をじかに見て、真の意味を探究する人々の聖地とも言うべき土地を訪れる旅に出かけませんか」と誘いを受けた時には、一も二もなく承諾した。著者は人類の祖先を探す旅に出かけた。英国の美人人類学者が出アフリカから南米到達までを踏査する。

著者はこの人。

“人類20万年 遙かなる旅路: アリス ロバーツ, 野中 香方子: 本” の続きを読む

天野祐吉さん死去 「広告批評」「CM天気図」:朝日新聞デジタル

これは残念。
天野祐吉さん死去 「広告批評」「CM天気図」:朝日新聞デジタル

 広告やテレビ番組の批評で人気を博したコラムニストで、本紙に「CM天気図」を連載した天野祐吉(あまの・ゆうきち)さんが20日午前10時38分、間質性肺炎のため死去した。80歳だった。通夜、葬儀は本人の希望で行わない。
 広告をジャーナリスティックに論じる雑誌「広告批評」を1979年に創刊、商品の宣伝でしかないと考えられていた広告を、批評の対象として位置づけた。84年に本紙で「私のCMウオッチング」を開始。90年に改題した「CM天気図」は、連載1132回に及ぶ名物コラムとなった。軽妙な語り口で消費社会に鋭く切り込むCM批評は、多くのファンを魅了した。
 東京都生まれ。博報堂などを経て創刊した「広告批評」(2009年に休刊)で編集長や発行人を務めた。メディアに対する批評も活発に行い、新聞や雑誌に多数の評論を発表、テレビやラジオ番組でも活躍した。
 05年にNHK放送文化賞を受賞。06~07年には放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送番組委員会委員長も務めた。「広告論講義」など多数の著書がある。02年に松山市立子規記念博物館の館長に就任し、現在は名誉館長。

ご冥福をお祈りします。

広告も変わったねぇ。「ぼくと広告批評」と「広告の転形期」についてお話しします。
天野 祐吉
インプレスジャパン
売り上げランキング: 373,511

iPhoneが指輪になる「JEWEL PHONE」 – ITmedia ニュース

ねっと部:これはアリなのか エレガントな貴女のために、iPhoneが指輪になる「JEWEL PHONE」 – ITmedia ニュース

「スマートフォンがジュエリーに!?」というiPhone 5/5s用ケース「JEWEL PHONE」が登場する。
 価格はストーンなしが1万6800円、ストーン付きが1万8900円。


理解できない。
アホみたいな気がする。

彗星の地球衝突の痕跡が、ツタンカーメンのスカラベ

すごいスケールの話。
ニュース – 科学&宇宙 – 彗星の地球衝突の痕跡、エジプトで発見 – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)

 サハラ砂漠に点在するガラス状の物質と、ツタンカーメンの遺物とされるブローチについて、これが地球に彗星が直接衝突したことを示す初の証拠だとする、新たな研究が発表された。新たな発見は、太陽系の誕生をめぐる謎の解明に一役買う可能性があると期待されている。
 約2800万年前にエジプト上空で彗星が爆発し、摂氏2000度の爆風が地上のサハラ砂漠を襲ったと考えられる。この高温の衝撃波が砂漠の砂を溶かし、これにより生まれた無数の黄色い石英ガラスが、サハラ砂漠の6000平方キロに及ぶエリアに広がったという。
 このガラスのうち、大きなものがスカラベの形に磨かれ、有名な古代エジプトの少年王、ツタンカーメンの所有物となっていたことも判明した。
「衝突クレーターの痕跡がまったくないため、この石英ガラスが実際にどういった天文現象によって発生したのかは、これまで謎だった。しかしガラスが見つかるエリアのちょうど中心部分で小さな黒い石が見つかり、これが我々の注意を引いた」と、今回の研究の共著者、デイビッド・ブロック(David Block)氏は述べている。ブロック氏は南アフリカ共和国のヨハネスバーグにあるウィットウォータースランド大学に所属する天文学者だ。

ツタンカーメンのスカラベになった石が、彗星の爆発でできたものだったなんて。
これかあ。

で、この石は買えるんだ。
チョット色は違うけど。
ロマンは申し分ない。

[更新]不要なWebアクセスの遮断~ついに落ち着いたか

.htaccessでの中国アドレス排除に加えて、7月末に特に狙われていたページを変更してやった。

[更新]不要なWebアクセスの遮断~.htaccess – 狙われているページを削除 – けにあmemo

やっと落ち着いてきた。

“[更新]不要なWebアクセスの遮断~ついに落ち着いたか” の続きを読む

レジリエンス 復活力–あらゆるシステムの破綻と回復を分けるものは何か: アンドリュー・ゾッリ, アン・マリー・ヒーリー, 須川 綾子: 本

レジリエンス 復活力--あらゆるシステムの破綻と回復を分けるものは何か
アンドリュー・ゾッリ アン・マリー・ヒーリー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 90,644

社会/組織と個人の二つのレベルで、破綻しないシステムの条件を探る。
小さな自律的集団がネットワークを構成することや信頼関係の重要性を指摘している。
テロ組織と災害支援活動など性質が異なる成功事例に共通する性質をつなぎあわせていて面白い。
個人にとっては瞑想の効用を強調していたのが予想外だった。