人間はエネルギー最適化能力を持っている Why We Walk … and Run … And Walk Again to Get Where We’re Going

オハイオ州立大学の機械工学の先生が発表した研究結果。
Why We Walk … and Run … And Walk Again to Get Where We’re Going
歩いたり走ったり、また歩いたりする理由
人間は、目的地への時間の余裕を判断して、エネルギー消費を最適化するように移動する能力があるとのこと。
122メートルを異なる時間制限で踏破してもらう実験の結果。
asked 36 subjectsってのは、36人の被験者に頼んだってことかな。
その程度で統計的意味があるんだろうか。
時間が危なそうならダッシュする。
余裕ならのんびり歩く。
その中間くらいなら、歩いたり走ったりミックスする。
中間くらいの場合をわざわざトワイライトゾーンと呼んで、特別扱いするらしい。

“人間はエネルギー最適化能力を持っている Why We Walk … and Run … And Walk Again to Get Where We’re Going” の続きを読む