アップルやグーグル等が同性婚を支持

Apple, Google, Facebook Tell Supreme Court: Gay Marriage Is Good for Business | Wired Business | Wired.com

アップル、グーグル、フェースブックから最高裁へ:同性婚はビジネスに有益だ
企業278社が連名で最高裁に出した意見書の記事。
同性婚が認められている州では、禁止している連邦法「結婚保護法(DOMA)」と矛盾が起こり、コストや問題が発生している、と指摘したとのこと。
社員の間で不公平感や待遇の差が生じる。
差別禁止の条例とも矛盾する。
同性婚を禁止するのが差別かっていうのはちょっとわからないけど。
DOMAを廃止し、同性婚を認めることで社員の勤労意欲が高まり優秀な人材の採用にもつながるという主張らしい。
この意見書に参加した企業の例:
Apple, Google, Facebook, Amazon and Microsoft
Adobe, Cisco, eBay, Electronic Arts, Intel, Intuit, Oracle, Twitter and Zynga
Citigroup, Johnson & Johnson, Goldman Sachs, Nike, CBS Corp., Starbucks and Disney
すごいな、そんなに問題なのか。
スタンフォード大学の学者さんは、ブランドイメージ向上活動の一環だと言っている。
まずはそんな重要な決まりを州ごとに思い思いに決められるというところから考えなおしてもいいんじゃないのか。
Wikipediaに載ってる、同性婚対応状況マップ:

そんなにバラバラでどうする。
時を同じくして、オバマ大統領のDOMA関連の記事が出てた。
Obama admits Defense of Marriage Act constitutional
オバマがDOMAの合憲性に同意
オバマはDOMA反対、同性婚支持だったんじゃないのか。
分からない国だ。
こんな本も出てるんだ。
この本を読む気はしないけど、アマゾンのレビューは面白い。

「フェミニズム」と「同性愛」が人類を破壊する
ヘンリー・メイコウ (著), ベンジャミン・フルフォード (監修, 翻訳)
内容紹介
闇の支配者は、あなたのSEXを狙っている!
―ベンジャミン・フルフォード―
「フェミニズム」は、女性のための運動というのは単なる名目で、男性と女性の両方を中性化して、社会の基本単位である家族を崩壊させることが本当の目的だ。異性愛者の選択できるライフスタイルとして「同性愛」を普及させようとしているのも、新世界秩序に順応する新種の人類を創造するための、金融寡頭勢力の厚顔無恥な詐欺の一環である。

日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー): 光瀬龍, 豊田有恒, 石原藤夫, 石川喬司, 星新一, 福島正実, 野田昌宏, 荒巻義雄, 半村良, 筒井康隆, 日本SF作家クラブ: 本

昨日読んでいた、SFが読みたい! 2013年版に新しい本の広告が載っていた。
日本SF短篇50 I
日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジーとのことで、1963年から毎年一作品選んで集めたもの。
第一集は1963年から十年間、十作品を掲載。
なんて懐かしい。

巻頭言 瀬名秀明
1963年 墓碑銘二〇〇七年 光瀬龍
1964年 退魔戦記 豊田有恒
1965年 ハイウェイ惑星 石原藤夫
1966年 魔法つかいの夏 石川喬司
1967年 鍵 星新一
1968年 過去への電話 福島正実
1969年 OH! WHEN THE MARTIANS GO MARCHIN’ IN 野田昌宏
1970年 大いなる正午 荒巻義雄
1971年 およね平吉時穴道行 半村良
1972年 おれに関する噂 筒井康隆
巻末解説 星 敬

読んだ覚えがあるのは、光瀬龍、石原藤夫、荒巻義雄、筒井康隆、の四作品。
星新一と半村良の作品も読んだかもしれない。
SFを読みたい!でアレも読まなきゃ、コレも読まなきゃ、と思ったばかりなのに…

HPのChromebookとMS対グーグル戦争

HPが今月出したChromebook、Pavilion 14-c010us Chromebookの記事。
Another Microsoft partner plays the field: HP outs a $329 Chromebook — Tech News and Analysis
またMSパートナーが二股:HPが$329のChromebookを発表
レノボに続いて、二台PCメーカーからChromebookが出揃った。
レノボのThinkpad X131e Chromebookより大きい14インチで、レノボの$430より安い$329.99で売っている
(でも在庫無しの表示)
この記事では、SamsungやAcerに続いてトップPCメーカーがChromebookを出したことでマイクロソフトの注意を引くに違いない、と指摘。
MSはWindows 8 SkyDriveやOffice 365 Premiumサービスを組み合わせてクラウド戦略を進めているところ。
グーグルはGoogle DriveやGoogle Appsとの組み合わせでChromebookをMSにぶつけてきている。
MSにとってはChromebookが売れればそのぶん自社の販売機会が減ることになる。
で、HPのようなメーカーは二股をかけるわけで、その証拠として発表直後のChromebook販売ページの画像が載っている。

Chromebookの販売ページで「Windowsをお勧めします」とは。
やるなあ、HP。

アップル、グーグル、マイクロソフト-仁義なきIT興亡史-
チャールズ・アーサー (著), 林 れい (翻訳)
内容紹介
発売日: 2012/10/23
―IT業界史上最も苛烈な争い―
津田大介氏推薦!
1998年に開戦し、一進一退の攻防を繰り広げてきた「IT業界三国志」は2007年1月、iphoneの登場によって終わりを告げた。
本書はIT業界史上最も苛烈な争いを克明に記した貴重な「歴史書」であり、究極の「ビジネス書」だ。―津田大介
「この争いに敗れても、次の戦場で勝てばいいさ」
ティム・クック(アップルCEO)

Movable Typeで投稿時にカテゴリが選択できなくなっていた

ふと、ブログ記事に選んだカテゴリが反映されていないことに気がついた。
2/14投稿分から。
投稿画面でカテゴリにチェックを入れても、「選択されていません」などと意味不明な供述をしている。
あれえと思って調べてみたら、Firefoxのバージョンアップに伴う不具合らしい。
Movable Typeのパッチが出ていて、それをあてたら直った。
Firefox 16 でカテゴリおよびフォルダの選択が保存できない。 | Movable Type FAQ
それはいいとして。
Firefox 16で~と書いてある。
世間の皆さんは、10月に対処していたらしい。
例:Firefox16でMovable Typeのカテゴリ・フォルダ選択ができない不具合について: 小粋空間
いやいや、ウチはこないだまでできてたんだけど。
もうFirefoxは19になってるんだけど。
どうなってるんだ。

アップル 驚異のエクスペリエンス ―顧客を大ファンに変える「アップルストア」の法則
カーマイン・ガロ (著), 外村仁(解説) (その他), 井口耕二 (翻訳)
内容紹介
シリーズ40万部のベストセラー『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』著者が贈る第3弾!
面積あたりの売上は全米ナンバー1、
顧客を大ファンに変えてしまう「アップルストア」の魔法を徹底分析!
アップル成功の理由は、アップル製品や店舗デザインなど、目に見える部分に注目が集まりがちだ。
しかし、アップル・エクスペリエンス(体験)とは、その程度のものではない。
フォーシーズンズから学び、アップルが磨き上げたアップル・エクスペリエンスの法則は、ディズニー、ナイキ、Tモバイル、テスラ・モーターズなどのブランドを刺激し、変化させた。
皆さんも、こうしたブランドと同じように変わることができる。

SFが読みたい! 2013年版: SFマガジン編集部, Pablo Uchida: 本

毎年SFを読みたくさせてくれるSFが読みたい! の2013年版が出ていた。
2012年のベスト10が国内、海外それぞれ掲載され、解説されている(作品ガイド)。
国内1位は屍者の帝国か、やっぱり。
そうかなと思ったけど、自分はあまり楽しめなかったので、変な感じ。
詳しい人には、良かったんだろうな。

“SFが読みたい! 2013年版: SFマガジン編集部, Pablo Uchida: 本” の続きを読む

パット・トラバースがAC/DCのWhole Lotta Rosie

パット・トラバースがAC/DCのWhole Lotta Rosieを演奏しているのをみつけた。

イントロのリフが、より密度の濃い感じで始まって、フムフム、と聞いていたら…
歌の出だしで爆笑してしまう。
雰囲気が変わりすぎ。
やっぱりこの曲は、Let There Be Rockの印象が強いから、カバーするのは難しい。AC/DCは他の曲も難しいか。
Whole Lotta Rosieは、昔LPレコードで聞いていてB面最後がこの曲で、エンディングでギターが上り詰めていって終わったあとに感じる衝撃というか破壊力みたいなのが好きだった。

“パット・トラバースがAC/DCのWhole Lotta Rosie” の続きを読む

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義: ウォルター ルーウィン, 東江 一紀: 本

この本は面白かった。
これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義
MITの名物(らしい)教授が、物理学入門のような内容を書いた本。
運動方程式から始まって、力、光、音、電気、磁気、そして宇宙物理までテーマごとに、優しく面白く解説してくれる。
解説の文章も例えやエピソードが豊富で飽きないけど、外部リンク、特にビデオのURLがたくさん紹介されていて、きっとビデオを全部見るだけで勉強になるだろう。
とても全部は見切れないけど。

“これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義: ウォルター ルーウィン, 東江 一紀: 本” の続きを読む

まだ売ってる: Windows 8 Pro 発売記念優待版

まだ売ってるんだ。
Amazon.co.jp: Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (2013年1月31日まで:型番情報:3UR-00026): ソフトウェア

Amazonより
『Windows 8 Pro 発売記念優待版』とは?
Windows 8 Proを2013年1月31日まで特別価格で入手できる特別商品。
2012年2月1日以降の『Windows 8 Pro』の参考価格は27,900円(税込)となります。Windows XP、Windows Vista、Windows 7を搭載したパソコンからのアップグレードに対応。
※自作PCや仮想環境での利用などを目的とした新規インストールには非対応。

Pro版が¥ 7,680。
在庫があるってことか。

“まだ売ってる: Windows 8 Pro 発売記念優待版” の続きを読む

2013年BYODの4大トレンド

4 Big BYOD Trends For 2013 – Mobility – Smartphones – Informationweek
2013年BYODの4大トレンド

1.BYODは一過性の流行ではない
異論ない。
ガートナーは、コンシューマライゼーションの大きな流れの一つと考えている。
2.データのセキュリティが引き続き懸念
もちろんそうだろう。
具体的には2点あげている。
エンタープライズAppストアのアプリケーションをきちんと調べること。
データが保存される場所を検討、管理すること:端末、クラウド、事務所のサーバー…
3.BYODがリクルートのツールになる
若者はモバイル機器を自由に使えない職場を敬遠するようになる。
なるほど。そんなことは考えたことがなかった。
4.アップルがBYODのリーダーであり続ける
Androidの方が全体のシェアでは優っているけどビジネス向けではiOSがまだ優位。
Windows 8が増える可能性はあるけどIT部門はメジャーなプラットフォームを支持するのでしばらくは苦戦するだろう。
業務をこなす端末としてはiPadよりSurface Proの方が向いているけど、市場は限られる。
まあこれはどうでもいいや。
BYODのパーフェクトガイドってのが出てるのか。
なんでも本になるんだなあ。

BYODパーフェクトガイド (日経BPムック)
日経コミュニケーション (編集)
内容紹介
発売日: 2012/10/9
消費者へのスマートフォン/タブレット端末の普及に伴って、それを会社でも業務に
使いたいという、BYOD(Bring Your Own Device)環境を求める声が高まっています。
現時点では、多くの企業が、主にセキュリティ面を理由に対応しない方針を採っていますが、企業で端末を貸与するより利便性も生産性も高い環境を実現できるのであれば、一考の余地はあるはずです。本書では、そんなBYODを意識している方々に向け、BYOD導入の手順や、具体的なソリューション、必要な機能についての解説記事、そして先進企業の事例を紹介しています。

プリンめぐって空港検査員に暴行 容疑の中国人逮捕 – 社会

朝日新聞デジタル:プリンめぐって空港検査員に暴行 容疑の中国人逮捕 – 社会
第2ターミナルの手荷物のエックス線検査でバッグ内のプリン4個を検査員(21)が発見。1個150グラムで制限を超えていたため、検査員が説明して没収したところ口論となり、突き飛ばして転倒させた疑いがある。
なんとまあ。
検査員はセキュリティのルールなんだろうけど、プリンを意地になって取り上げなくても。
対する容疑者も、そこで発狂して暴れちゃうのが、さすがだ。


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
孫崎 享 (著)
内容紹介
発売日: 2012/7/24
日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、
その本質が見えてこない。元外務省・国際情報局長という日本の
インテリジェンス(諜報)部門のトップで、「日本の外務省が生
んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、これまでのタブーを
破り、日米関係と戦後70年の真実について語る。