グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ: スティーブン・レヴィ, 仲達志, 池村千秋: 本

会社の成功物語みたいなのは、あまり読まないんだけど。
これは、面白かった。
さすが、スティーブン・レヴィ。

グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ
スティーブン・レヴィ (著), 仲達志 (翻訳), 池村千秋 (翻訳)
内容紹介
原書は、米アマゾン担当者が選ぶ2011年ビジネス部門の第1位!
これはグーグルの物語である。
グーグルは何を考え、何をめざしているのか。
『マッキントッシュ物語』でアップルの全貌を暴いた著者が、巨人の内側に密着取材。
これまでベールに包まれていた謎を解き明かす渾身のドキュメント。
徹底的な隠蔽戦略で見つけたネットの「金の鉱脈」、ジョブズが憎んだアンドロイド携帯、中国市場での失態、フェイスブックに挑むグーグル+、クラウドコンピューティング戦略。
誰も描かなかったグーグルの歴史のすべてが、ここにある。

“グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ: スティーブン・レヴィ, 仲達志, 池村千秋: 本” の続きを読む