ハリケーンでNY周辺のネットワーク停止が多発

ハリケーン「サンディ」によって発生したネットワーク停止の統計記事。
Hurricane Sandy: Initial Impact – Renesys Blog


リンク先には地図上に停止箇所をマップしたものもある。
ニューヨーク州を中心に最大2千ネットワークが停止したらしい。
マンハッタンで多くのデータセンターが停電と浸水に見舞われたとのこと。
通信ハブとなっているNYの惨状に、トラフィックの大規模な迂回が観測されたともある。
NY証券取引所が2日連続閉鎖になったのは100年以上ぶりともきいたけど。
こんな大災害になるなんて。


MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
クリス・アンダーソン (著), 関美和 (翻訳)
内容紹介
「デジタルによる革命は、これからが本番だ──」
『フリー』以上の衝撃──ベストセラー『フリー』『ロングテール』のクリス・アンダーソンが描く次のパラダイムシフトは〈メイカームーブメント〉だ!
21世紀の製造業は、アイデアとラップトップさえあれば誰もが自宅で始められる。ウェブの世界で起こったツールの民主化が、もの作りの世界でも始まったのだ。メイカーズ(モノ作る人々)の革命が、世界の産業構造を再び変える! ベストセラー『フリー』『ロングテール』の著者が描く、次のパラダイムシフト。

音楽CDの販売数が増加

CD業界、歓喜の歌? 14年ぶり前年上回る勢い (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 オリコンの葛城博子編集長は「Mr.Childrenや桑田佳祐、コブクロ、AKB48、EXILEなど大物アーティストの新作が、ユーザーの購買意欲を喚起した」とみる。また、AKB48の握手券に代表されるグッズなどの特典を付けた限定盤や、音質を向上した高音質CDなどの付加価値商品も購買層を拡大。ネット配信にはない商品展開も奏功した。10月以降もAKB48、いきものがかり、EXILEの新作の発売が予定されており、年間生産数が14年ぶりに前年を上回る可能性が高まっている
 業界では、音楽などを無許可でダウンロードした場合に刑事罰が科される改正著作権法が10月に施行されたことも追い風になるとみている。ただ、同協会は「今年の市場拡大はヒット作に恵まれていたためで、継続的な回復は難しい」と慎重な見方を崩していない。「特効薬的なものはない。消費者が欲しくなるような付加価値商品の安定的な供給や、業界全体でのCD販促活動などを地道に取り組むしかない」と話している。

売ってる側が中身で売ろうとしてないんだから、売れなくなるわけだ。


音楽の基礎 (岩波新書)
芥川 也寸志 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
人それぞれに音楽を聞き演奏して楽しむ。しかしさらに深く音楽の世界へわけ入るには、音楽の基礎的な規則を知る必要がある。本書は、作曲家としての豊かな体験にもとづいて音楽の基礎を一般向けに解説したユニークな音楽入門。静寂と音との関係から、調性・和声・対位法までを現代音楽や民族音楽を視野に入れつつ詳述する。

老化の進化論―― 小さなメトセラが寿命観を変える: マイケル・R・ローズ, 熊井 ひろ美: 本


老化の進化論―― 小さなメトセラが寿命観を変える
マイケル・R・ローズ (著), 熊井 ひろ美 (翻訳)
内容(「BOOK」データベースより)
老化は、”徐々にせり上がる死の壁”ではなかった。「自然選択の力」が、老化のパターンを形作っていた―分野のパイオニアが研究の現場と理論の発展を活き活きと描く科学ノンフィクション+回想録。


こないだの古生物学の話に続いて、遺伝子関係の本。
ただしこちらは、老化をやめさせる(あるいは遅らせる)ことを研究している人。
それもまた大きなテーマだ。
以前似たような本を読んだことがあったなと思ったら3年前か。
ほとんど覚えていない。
寿命論―細胞から「生命」を考える/ 高木 由臣 – けにあmemo
2009年5月23日 19:58
不老不死といったことも魅力あるけど、記憶力や頭の回転を何とかならないものか。
寿命は今のママとして、死ぬまで若い時の頭脳が保てれば、いいと思う。
いや、ボケてくからそれなりにシアワセでいられるのか。
今回のローズさんは、豪快系の人なのかな。
研究資金の話や自分の離婚時の状況などまで紹介している。
かと思うと、宗教系で老化や死の研究に反対する人たちへの反感が強いみたいで、毒舌を吐いている。

キリスト教どっぷりのモラリストたちは勝手に死の冷たい抱擁に恍惚とするがいい。彼らの墓場願望には反吐が出る。

よっぽど気に入らないらしい。
もう一つ面白かったのが、ロイ・ウォルフォードという老年学(というのがあるのか)の教授の話。
集団で研究施設に閉じこもって粗食に耐える実験(趣旨としては家政にコロニーを作るための実験)をしたらしいんだけど。
この教授の描写がおかしい。

フランク・ザッパのバンドのメンバーだったのかと思われそうな外見だった。
実のところぼくはロイが特別出演している前衛音楽のミュージックビデオを見たことがあり、ザッパが生きていれば気に入ったと思う。

きょうびこれで分かる人はあんまりいないだろ。
しかも内容と関係ないし。
そんなくすぐりを楽しみつつ、この人が30年くらいかけて取り組んできた老化研究の歴史と現状を説明してくれる。
ショウジョウバエの寿命をのばすことは実績があり、ヒトの老化を遅らせることも信じているらしい。
確かにそんなことを成し遂げてしまっていいのかという気もするけど、楽しみなテーマだ。

Windows 2000で動くFlash Player

子供に使わせてるWindows 2000機で、Flashをアップデートしろとウルサイからアップデートしようとしてもエラーが出てできない。
プロシージャエントリーポイント SetDllDirectoryW がダイナミックリンクライブラリ KERNEL32.DLL から見つかりませんでした。
なにかおかしくなってたのかと思って一度Flashをアンインストールしてみたりしたけど、できない。
結局、Windows 2000には最新のFlashは入れられないらしい。 (ハック手法はあるみたいだけど、メンドクサイ… )
気がつくとFlashをインストールする手段がなくなってた。
Windows 2000用Flash Playerの最後の公式サポートバージョンはFlash Player 10.1.102.64。
これのアリカを探すのも苦労した。
Archived Flash Player versions

ここに開発用のファイルがあるのでダウンロードして、いろんなプラットフォーム用とかデバッグ用なども入っているので、必要なファイルを取り出して使う。
Firefox用ということで、flashplayer10_1r102_64_win.exeを使ったらすんなりインストールできた。
ついでにバックアップも取ろうと思ってメディアをどうしようかと考えてた。
(このWin2kマシンはCD-ROMドライブしかついてない…)
USBメモリがどんどん安くなってるのね。
16GBで780円32GBで1,280円とは。
カカクコムでみてみると、32GBの値段は2011年5月の三千円台から段階的に下がって、今年に入って2千円を割り、6月に三百円くらい急落したらしい。
チョットみてないと常識が変わっちゃうなあ。
それに比べて、SODIMMはここ一年くらいあまり変わってない。
フラッシュと違うんだなあ。
それでも4GBのメモリが千円台で買えるってのはすごい世の中だ。
CFDのメモリは順調に使えている。

シー・エフ・デー販売 Elixir ノートPC用メモリ DDR3-1333 (PC3-10600) 4GB D3N1333Q-4G
仕様:PC3-10600 (DDR3-1333) SODIMM ノート用メモリー
容量:4GB (4GB x1)
規格:PC3-10600 (DDR3-1333)
CASレイテンシ:CL9
パッケージ:リテール品

コンバーチブル型のThinkPad Twistが発売

ThikPad TwistがUSで発売された。
Convertible Ultrabook Laptop & Tablet PC | ThinkPad Twist with Win 8 (US)


画面をグルッと回してタブレットのようになる。
レノボが仕掛けるコンバーチブル戦争のハイエンドになるのかな。

“コンバーチブル型のThinkPad Twistが発売” の続きを読む

IPv6ネットワーク機器のセキュリティ検証の報告書

IPv6技術検証協議会という団体が、IPv6のネットワーク機器に対してpen testを行った記事。
40のシナリオでIPv6ネットワークに模擬攻撃、セキュリティ検証の報告書 -INTERNET Watch

 報告書によれば、検証作業を行った40のシナリオのうち、35の攻撃シナリオを各ベンダーの機器に対して適用。このうち13のシナリオはどの機器でも攻撃が成立しなかったが、残る22のシナリオについては、1製品以上の機器で攻撃が成立したという。検証対象になった複数の機器ですべて攻撃が成立したシナリオもあったとしている。
 「攻撃が成立したシナリオの中には、IPv6の仕様に忠実に実装した結果、攻撃が成立するものも多く見られる」としており、「IPv6において導入されたプラグアンドプレイ機能などの柔軟な設計が、その意図に反して悪用された場合に大きな脅威となりうることを示している」と指摘している。
 それぞれの脅威に対する対策手法としては、ネットワーク機器に新たな機能の実装を必要とするものもある一方で、ベンダーの製品に実装済みの対策手法を用いたり、運用時の設定の工夫により回避できるものもあるという。運用時にこうした機能を適切に設定することも有効な対策だとしている。

参加組織は13件。
独立行政法人情報通信研究機構(NICT)、F5ネットワークスジャパン株式会社、KDDI株式会社、ソフトバンクBB株式会社、タレスジャパン株式会社、株式会社ディアイティ、株式会社東陽テクニカ、日本電信電話株式会社、株式会社バッファロー、パロアルトネットワークス合同会社、ブルーコートシステムズ合同会社、ブロケードコミュニケーションズシステムズ株式会社、日本マイクロソフト株式会社
結果は、「概要編」の報告書だけ公開されている。
http://ipv6tvc.jp/documents/20121023Report.pdf
何の機器で攻撃が成功したなどの具体的な情報はわからない。


Hacker Japan 最新版 サイバー攻撃セキュリティレポート (白夜ムック)
ハッカージャパン編集部 (編集)
内容紹介
2011年6月、米国政府は海外からのサイバー攻撃に対し、これを「戦争行為」と見なし武力行使も辞さず、サイバー空間を陸・海・空・宇宙に次ぐ「第5の戦場」として定義しました。
実際、米国はイランの核開発施設の制御システムを標的としたサイバー兵器「Stuxnet(スタックスネット)」を開発、オバマ大統領が攻撃命令を下したと、最近になり報じられました。
一方、日本に目を転じれば、2011年秋、三菱重工が執拗なサイバー攻撃を受けていたことが発覚。軍事機密情報を狙い、中国関与の可能性も取りざたされています。
このような攻撃は「標的型攻撃」と呼ばれ、攻撃者は標的となる人物の知り合いを騙り、マルウェア(コンピューター・ウイルス)を添付したメールを送付するなどの手口が明らかになっています。そして、このマルウェアはアンチウイルスソフトに検知されることなく、深く静かに諜報活動を続けると言います。
他にも、サイバー空間での「情報の自由」を標榜する匿名集団”Anonymous(アノニマス)”が改正著作権法の可決に抗議する目的で民主党や著作権保護団体のWebサイトを攻撃するなどの事件も発生しています。
このように、現在のサイバー空間はさまざまな人達の思惑による攻撃が渦巻いていますが、一方ではそれらの攻撃からネットワークを守るためのセキュリティ技術者の不足も世界的なレベルで叫ばれています。
本書は「サイバー戦」「標的型攻撃」「Anonymous」「正義のハッカー養成」などをテーマに据え、HackerJapan誌記事の再掲載と書き下ろし記事によって構成し、「軍事」「ネットワーク技術」「ハッカー文化」といった独自の視点から現在のサイバー空間で起きていることをレポートしていきます。

AWSに不具合、ウェブサービスが停止

The cloud is cool. But it’s not always there.
クラウドはクールだ。でもいつでもあるってわけではない。

そりゃ、そうだ。
Amazon Web Serviceがまた止まったらしい。
Amazon Cloud Goes Down Again, Breaks Foursquare and Others | Wired Enterprise | Wired.com
10/22の11時から14時くらいまでFoursquareが止まったのを始めとして、Turntable.fm、Heroku、Flipboardなどが停止を報告したとのこと。
7月の停止は嵐の時に非常用電源がうまく動かなかったということだったけど。
アマゾンのデータセンター停止は非常用電源の不良 – けにあmemo
今回は原因未公表みたい。
AWSのAnnouncementでも何も言っていない。
こういうのはちゃんと報告しくれないと、嫌だなあ。
WIREDは皮肉をかましている。

Amazon did not immediately provide an explanation. But we do know that it was a storm-free day in Virginia – or at least it was storm free outside of Amazon’s data centers.
アマゾンは今のところ情報を提供していない。しかしバージニア州で嵐がなかったことは間違いない…いや、アマゾンのデータセンター外では嵐がなかったというべきか。

サポートセンターには、EBSボリュームが使えなくなったと書いてある。
ストレージのトラブル?
WS000000.JPG
小宮商店の風に強い傘は具合がいい。
確かに風の強い雨の日でも安心して差せるし、チョット大きめ、携帯性は良好、フックでぶら下げられるのもいい。

<風に強い傘>58cm 3段楽々開閉 テフロン加工 フック付き  紺
小宮商店
商品の説明
お客様の声を出来る限り形にしました。 風に強く、開閉が楽、防撥水性能、大きい傘袋、フック付き、安全ハジキ、お値打ち価格… 欲張り仕様の傘です。 サイズは58cm。中棒、親骨、ハトメに補強がしてあり、非常に丈夫な傘です。 コンパクトな3段折 開け閉めが簡単な楽々開閉式。閉じる時指を痛めない安全ロクロを採用。 畳んだ時の長さは約26cm、スナップフック付きなのでフックに引っ掛けて持ち歩きが出来ます。 ハンドルは大きめで持ち易くなっています。 傘袋は大きめで入れ易く、2重構造で丈夫で雨水が染み出る心配もありません。 生地はテフロン加工、強力な撥水機能を長時間保ちます。 色は黒、紺があります。 **使用時の注意** この商品は各部品を強化し風に強い構造になっていますが、絶対に壊れないという事ではありません。風の強い時は危険ですので外出は避け、傘の使用は出来る限り控えて下さい。 **安全ロクロを採用してます。開く時はロ クロが「カチッ」と音が鳴るまで持ち上げて止まるのを確認して下さい。 「傘専門に80年」小宮商店が 機能と品質にこだわった商品を出品しています。

Webサイトのバックアップ

Webサイトのバックアップをしてない事に気がついた。
春にサーバーやさんを変えたら、バックアップの機能が見当たらない。
スクリプトを作る。
Webサイトのバックアップスクリプトを作ろう(第72回):PC Online

ここのスクリプトがほぼ使えた。
ダウンロード先を指定したかったので、
ftp_listにsavepathの指定を追加、
cmd定義の中でc.savepathの行を生かす。
-mckにNを加えてタイムスタンプ比較。
問題なくバックアップできるようになった。
中で使ってるwgetのマニュアル:
GNU Wget 1.9 Manual:


MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
クリス・アンダーソン (著), 関美和 (翻訳)
内容紹介
「デジタルによる革命は、これからが本番だ──」
『フリー』以上の衝撃──ベストセラー『フリー』『ロングテール』のクリス・アンダーソンが描く次のパラダイムシフトは〈メイカームーブメント〉だ!
21世紀の製造業は、アイデアとラップトップさえあれば誰もが自宅で始められる。ウェブの世界で起こったツールの民主化が、もの作りの世界でも始まったのだ。メイカーズ(モノ作る人々)の革命が、世界の産業構造を再び変える! ベストセラー『フリー』『ロングテール』の著者が描く、次のパラダイムシフト。

化石の分子生物学――生命進化の謎を解く (講談社現代新書): 更科 功: 本

分子古生物学、という学問をしている人の本。

化石の分子生物学――生命進化の謎を解く (講談社現代新書)
更科 功 (著)
内容説明
ネアンデルタール人は現生人類と交配したか? ジュラシック・パークの夢は実現するか? 古代DNA研究が解き明かした生命進化の謎の数々を、わかりやすく紹介する。化石のささやきに耳を澄ませる生物学者たちの奮闘をつたえる好著!



DNAの研究方法や、困難さを解説している。
いろんな話が散りばめられていて流れがつかみにくいけど、情熱が伝わってくる内容だった。
ネアンデルタール、マリー・アントワネットの子供、ジュラシックパーク、縄文人と弥生人、など、何が出てくるかわからない。
そこが面白かった。
結局現時点では、恐竜の時代のDNAは手に入らないらしいというので、がっかり。
ネアンデルタールとヒトは交配してたのは確実みたいで、びっくり。
何度も参照された本で、ニコラス・H. バートン (著) 「進化―分子・個体・生態系」というのがあって読んでみたいと思ったけど。
大型本: 908ページと書いてあり、なかなか。
値段も¥ 15,750だって。
米アマゾンでは原書Evolutionが、$99.84で販売の他に、$22.25でレンタルというのもあった。
期間が2月末までとなっていて、どういう基準かと思ったら、One Semester(学期)ということらしい。
大学の教科書として使うってことか。
そんな仕組みも、あるのか。

VerisignのDNSSECドメイン移管特許

ベリサインが申請していたDNSSECドメイン移管に関する特許。
Geekなぺーじ:VerisignがDNSSECドメイン移管特許申請

リンク先を見ると。
Verisign files patent application for way of transfering hosting on DNSSEC Domains – Domain Name Wire

2011/04/01に申請されて、2012/10/05に公開されたとのこと。
公開されたというのは、認可されたということ?
内容は、移行前に移行先のDNSKEYまたはDSレコードを移行元に提供することで移行を円滑にするというもの。
そのやり方だけでなく、あいだで仲介するサーバーやデバイスのことが触れられている。
その辺をビジネスにする構想があるのかな。


黒船特許の正体-Apple、Amazon、Googleの知財戦略を読み解く- (OnDeck Books(Next Publishing))
松倉 秀実 (著)
内容紹介
新しい事業モデルで日本に進出すると思われる米系企業3社(Apple、Amazon、Google)を黒船に見立てて、彼らの事業モデル(収益モデル)を検証。その事業モデルを固めるためにどのような知財戦略をとっているのかを推測し、3社の電子出版ビジネス展開に迫る。