著作権侵害対策法(SOPA)の議論拡大、児童ポルノ対策

SOPAとPROTECT IP法を巡る議論が拡大しているみたい。
Stanford Law Review、といったらきっと法律専門家の雑誌なんだろう、そこにSOPAに反対する論文が載ったというニュース。
著作権侵害対策法がインターネットを粉砕、合衆国憲法 – 弁護士~三教授がDNS災害を警告(The Register) | ScanNetSecurity (国際、TheRegisterのニュース)
元論文のリンク:
Don’t Break the Internet – Stanford Law Review
最初に概要が書いてあるけど、これが意味が分からない。

Stanford Law Reviewに掲載された小論で、Mark Lemley教授、David Levine教授およびDavid Post教授は、これらの法案は既存のDNSシステムに代わるものを見いだそうとしている人々にDNSSECの実装における大きな技術的問題を課すことになり、証拠も審問さえも無く、単に申し立てに基づいて、公にされている意見の完全なる弾圧を許可することにより、自由な表現の権利を踏みつけにさせると警告している。

原文を見てみたら、単なる誤訳じゃないか。
Anti-piracy laws will smash internet, US constitution – legal eagles . The Register
In an essay published in the Stanford Law Review professors Mark Lemley, David Levine and David Post warned that the overarching reach of the legislation would cause people to seek alternatives to the existing DNS system, manufacture massive technical problems in the implementation of DNSSEC and trample over rights of free expression by allowing the total suppression of published opinion based on allegations without proof, or even a hearing.
the overarching reachはどこかに行っちゃってるし、文章の構造を間違えている。
Stanford Law Reviewに掲載された小論で、Mark Lemley教授、David Levine教授およびDavid Post教授は、この法案の広範な影響範囲は、

  • 人々にDNSに代わる技術を探させることになり、
  • DNSSECの実装においてたくさんの技術的問題を作り出し、そして
  • 証拠も審問さえも無く、単に申し立てに基づいて、公にされている意見の完全なる弾圧を許可することにより、自由な表現の権利を踏みつけにさせる、

と警告している。
ということでしょう。
若干専門的な話だし、まあ多少違っててもいいけど、文章の意味が通る程度にはごまかしてほしいな。
しかしこの翻訳記事は、題名もヘン。

著作権侵害対策法がインターネットを粉砕、合衆国憲法 – 弁護士~三教授がDNS災害を警告

機械翻訳かと思ったら、署名があった。

(翻訳:中野恵美子)
略歴:翻訳者・ライター

で、しかも、翻訳文は最後まで読めない。

※本記事は有料版に全文を掲載します

原文記事は無料で全部読めるのに。
意味が通らない訳文は有料なのか。
まあそんなことは置いといて。
DNSに代わる技術、というのは既にDeSopaプラグインという形で現れている、といえるんだろう。
SOPA法案によるDNSブロックをくぐり抜けるためのアドオン「DeSopa」 : ライフハッカー[日本版] – けにあmemo
次にDNSSECについては…元論文にはDNSSECは出て来てないんだな。
記事の後のほうで参照されている別の記事に関連内容があった。
Boffins: SOPA breaks DNSSEC, and won’t work anyway . The Register
DNSSECはエンド間でのDNS応答の正しさを証明しようとするのに対し、中間でDNS通信を操作しようとする規制は整合しない、という趣旨みたい。
日本では、既に春から児童ポルノ対策としてのDNSブロッキングが始まっているけど。
これは、どこかで知らない間に決まったことを有無をいわさずやらされた、というようなことも聞いた。
安心ネットづくり促進協議会のガイドラインを見ると、

2010 年7 月の犯罪対策閣僚会議において策定された児童ポルノ排除総合対策において、「児童ポルノ掲載アドレスリストの迅速な作成・提供等実効性のあるブロッキングの自主的導入に向けた環境整備」「ISP による実効性のあるブロッキングの自主的導入の促進」が盛り込まれ

とある。
DNS ブロッキングによる児童ポルノ対策ガイドライン
2011 年4 月28 日
安心ネットづくり促進協議会
調査企画委員会 児童ポルノ対策作業部会
ISP 技術者サブワーキンググループ
閣僚会議でこんな事キメるんだ、すごいなと思って探してみた。
あったよ、ホントだ。
児童ポルノ排除総合対策
平成22年7月
犯罪対策閣僚会議
この中には、次のような記述があった。

このようなブロッキングについて、インターネット利用者の通信の秘密や表現の自由に不当な影響を及ぼさない運用に配慮しつつ、平成22年度中を目途にISP等の関連事業者が自主的に実施することが可能となるよう、下記の対策を講ずる(警察庁、総務省、内閣官房、内閣府、経済産業省)

対策、というのは3点あって、
ⅰ アドレスリストの迅速な作成・提供等実効性のあるブロッキングの自主的導
入に向けた環境整備
ⅱ ISPによる実効性のあるブロッキングの自主的導入の促進
ⅲ 一般ユーザーに対する広報・啓発
これで「の通信の秘密や表現の自由に不当な影響を及ぼさない」対策になるとは思えないけど。
どういう議論があってこんなことが決まったんだろうか。
SOPA法案の行方によっては、こっちにも影響が及んでくるかもしれない。

日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか
山田 奨治 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
いつの間にか、とんでもないことになっていた!急速に厳罰化する日本の著作権法、その変容の経緯と関わる人びとの思惑を丁寧に追い、現状に介入する痛快作。
単行本: 228ページ
出版社: 人文書院 (2011/9/15)
言語 日本語
ISBN-10: 4409240927

SOPA法案によるDNSブロックをくぐり抜けるためのアドオン「DeSopa」 : ライフハッカー[日本版]

米国の海賊版規制法案SOPAに対抗するためのFirefoxプラグインの記事。
SOPA法案によるDNSブロックをくぐり抜けるためのアドオン「DeSopa」 : ライフハッカー[日本版]

Firefoxアドオンとして導入されるこのプログラムは、オフショアドメイン名解決サービスにコンタクトし、任意のウェブサイトのIPアドレスを取得、IP経由でそのウェブサイトにアクセスします。同様のオフショア解決サービスは、そのうちSOPAによって増加した需要にこたえるため、ブラックリストを作成することなく、ウェブサイトのキャッシュを保持するようになります。
SOPAが導入された場合、同様のサービスやプログラムが雨後のタケノコのように台頭してくるはずです。SOPAは問題の根本的な解決にはなりません。このソフトの存在がそれを証明しています。SOPAはコバンザメ的な組織に不当な力を与え、悪意のないウェブサイトに害をもたらし、デジタル革新に深い影を落とし、インターネットの誠実さや安全性をも脅かしかねないのです。

問題が出る前から、わざわざプラグインを作っておくんだ。
すごいな。

DNSによってセンサーされたサイトを、IPアドレスによってブラウズ可能にしてくれるのがFirefox用の最新アドオン「DeSopa」です。

最初この文章の意味がわからなかったけど。
センサーはCensorか。
翻訳になってないよ。
だいたいDNSが検閲するわけじゃないし。
と思ったらその部分は、原文がsites censored by DNSだった。
所詮その程度の記事ってことか。

図解 わかる著作権 クリエイティブ×ビジネスの基礎知識
コンピュータソフトウェア著作権協会 (著), ACCS (著), 中川 達也 (監修)
内容(「BOOK」データベースより)
Web・モバイル/広告・グラフィック/映像・CG/ゲーム/プロダクト―コンテンツ業界で活躍するための著作権の教科書。

UFOじゃないよ、ただの無人戦闘機だよ

米国の国道で変なモノが運搬されていてUFOを捕まえたんじゃないかと騒がれたという話。
It’s Not a UFO, Just a Killer Drone for an Aircraft Carrier | Danger Room | Wired.com

店番のオバちゃんなんかがビックリした様子のインタビューが面白い。
正体は、カバーを掛けられた空軍の無人戦闘機X-47だったそうで。

中身が見えてたって、反響を呼ぶのは同じだったかも。

フリーエネルギー、UFO、第3起電力で世界は大激変する 永久機関の原理がすでに見つかっていた(超☆わくわく)
内容(「BOOK」データベースより)
永久機関の原理「第3起電力」はすでに見つかっている(入力に対して出力200~300%)。だから原子力も石油もなくていい!太陽電池、風力発電の落とし穴も詳述。アメリカで認められた研究論文も掲載。新エネルギー・ルネッサンスが生み出すパンドーラの奇跡の全貌。

スノーピークの新しいテント+タープ、トルテュPro. TP-770


スノーピーク(snow peak) トルテュPro. TP-770
スノーピークの新製品。
リビングと吊り下げ型テントがセットになっている。
オールインワンシェルター、というらしい。
15まんえんですか。

ビデオでは、中のテントは吊り下げるだけで設営が簡単、と言っているけど、外側の設置には一言も触れていないのが面白い。
大変なんだろうなあ。

ヴァーツラフ・ハヴェル死去~チェコの元大統領

昨日は金正日死去が大きなニュースになったけど。
それまで世界では前日に亡くなったヴァーツラフ・ハヴェルという人が話題だったらしい。
チェコの元大統領だそうで。
BBCでは特に大きく取り上げられていて、写真集や詳細な足跡が多数のページで紹介されていた。
BBC News – Tributes for ‘great European’ Vaclav Havel
記事には偉大なヨーロッパ人との見出しまでついて、多くの人がコメントを寄せている。
USはオバマ大統領と元国務長官、独メルケル首相、英キャメロン首相と外務大臣、仏サルコジ大統領、スウェーデン、ポーランド、イスラエルのネタニヤフ首相、欧州委員会バロッソ委員長。
その割に日本では大きく取り上げられなかったみたいだけど、この温度差はなんなんだろう。
僕もこの人知らなかったけど。
ヨーロッパだけでなくCNNでも結構大きく取り上げている。
Vaclav
Havel, Czech dissident, playwright, politician dead at 75 –
CNN.com

国内だと、この記事が雰囲気を伝えている方かもしれない。
知識人の良心で民衆率いたハベル氏
 :日本経済新聞

2011/12/18 22:05
 「動のワレサ」に対し「静のハベル」――。1989年の東欧民主化が生んだ2人の英雄は対照的なスタイルで民衆をひき付けた。理不尽な社会主義体制に対する大衆の怒りとたくましさを象徴したのがポーランドのワレサ連帯議長(当時)だとすれば、知識人の良心と理想主義を体現したのが反体制劇作家だったハベル氏だった。


ジェブラーツカー・オペラ <乞食オペラ>
ヴァーツラフ ハヴェル (著), 本多 正英 (著), フィドラー 雅子 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
本書で紹介する『乞食オペラ』は、チェコ共和国のヴァーツラフ・ハヴェル大統領が書かれた戯曲で、プロット設定の巧みさ、生き生きと描写されている登場人物の個性、舞台でやり取りされる台詞の洗練さと機智、これらすべてにおいて観客や読者を魅了する芸術的価値の高い完成された劇作品である。

DNS悪用のマルウェアによるボットネットをFBIが摘発

FBIとエストニア警察がエストニア人6人とロシア人一人を逮捕したニュース。
FBI shuts down ‘Ghost Click’ botnet of 4m PCs as seven face charges | Technology | guardian.co.uk
ゴーストクリック作戦、というのは摘発作戦のことか。
結果として4百万台のPCで構成されるボットネットが停止することになった。
犯人グループは2007年から100カ国以上でPCにマルウェアを埋め込み、千四百万ドル(十億円くらいか)を稼いでいたらしい。
このマルウェアはDNSchangerといって、感染PCのDNS設定を変えて、犯人グループのDNSに問い合わせるようにさせていた。
で例えば”iTunes.apple.com”へのDNS応答を、アップル向けソフトウェアの販売サイトのアドレスにすり替えていた。
同様に米国歳入庁への問い合わせは「a US tax preparation company」に転送。
会計事務所みたいなところか。
犯人グループはそれら転送先から広告料をもらっていたらしい。
なるほどねえ。
その広告売上だけでそんなに儲かるというのがびっくり。
Trendmicroの人が一連のネット犯罪の中核にいる会社Rove Digitalとその関連会社についていコメントしている。

Esthost, a reseller of webhosting services, was in the news in the fall of 2008 when it went offline at the time its provider Atrivo in San Francisco was forced to go offline by actions of private parties. Around the same time a domain registrar company of Rove Digital, called Estdomains, lost its accreditation from ICANN because the owner, Vladimir Tsastsin, was convicted of credit card fraud in his home country, Estonia.

ところでエストニアってどこにあるかもよく知らないけど、「IT立国」らしい。
IT犯罪もススンじゃったんだ。

IT立国エストニア―バルトの新しい風 [単行本]
前田 陽二 (著), 内田 道久 (著)

内容(「BOOK」データベースより)
北欧バルトの小国”エストニア”が、いまIT立国として世界の注目を集めている。本書では、エストニアのIT整備の方針、エストニアIDカードやX‐RoadをはじめとするIT基盤、国民ID番号の利用とプライバシー保護対策および各種電子政府サービスについて紹介した。

スクエニ会員サイトが不正アクセスで改ざん被害 – 個人情報流出の可能性も:Security NEXT

スクウェア・エニックスの会員制サイトに不正侵入、改竄があったニュース。
SQLインジェクションか。
【セキュリティ ニュース】スクエニ会員サイトが不正アクセスで改ざん被害 – 個人情報流出の可能性も:Security NEXT

同サイトに対して外部から不正アクセスがあり、同社が改ざんされた痕跡を確認したもので、12月13日13時にサイトを一時停止した。
個人情報データベースに対しても不正アクセスを受けたおそれがあるが、同社によれば、保有する個人情報にクレジットカード情報は含まれていないという。


グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ スティーブン・レヴィ (著)
内容紹介
原書は、米アマゾン担当者が選ぶ2011年ビジネス部門の第1位!
これはグーグルの物語である。
グーグルは何を考え、何をめざしているのか。
『マッキントッシュ物語』でアップルの全貌を暴いた著者が、巨人の内側に密着取材。
これまでベールに包まれていた謎を解き明かす渾身のドキュメント。
徹底的な隠蔽戦略で見つけたネットの「金の鉱脈」、ジョブズが憎んだアンドロイド携帯、中国市場での失態、フェイスブックに挑むグーグル+、クラウドコンピューティング戦略。
誰も描かなかったグーグルの歴史のすべてが、ここにある。

フィッシング詐欺の手口トップ10

ホリデーシーズンに増えるフィッシング詐欺の手口で典型的なものを紹介する記事。
Slide Show: Top 10 Holiday Phishing Scams – Darkreading

  1. フットボールのオンライン中継 – URLをクリックさせる。
  2. サンタの絵 – 安心させてクリックを誘う。
  3. iTunesギフトカード – 認証コードが添付ファイルに書いてある、といって開かせる。
  4. 偽のグリーティングカード – よくある名前を使って知人からのメッセージを装う。
  5. クーポンとアンケート – フォームに記入させて個人情報を狙う。
  6. QRコード – バーコードに不正サイトのリンクを仕込む。これは危ない。
  7. 振込失敗通知 – ショッピングや旅行のシーズンに効果的。
  8. 宅配便不在通知 – 多少怪しくてもショッピングのシーズンには効果的
  9. 飛行機予約確認 – 航空会社の名を語る。ホリデーシーズンに効果的。
  10. スクリーンセーバーダウンロード – やたら画面を飾りたがる人を狙う。Cherry folksって、情弱ってことか。

Cherryって、~boyだけじゃないんだな。
フットボール中継とか、飛行機予約とかあたりが、アメリカっぽい。

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)
佐々木 俊尚 (著)
# 新書: 314ページ
# 出版社: 筑摩書房 (2011/2/9)
# 言語 日本語
# ISBN-10: 9784480065919
内容(「BOOK」データベースより)
テレビ、新聞、出版、広告―。マスコミが亡び、情報の常識は決定的に変わった。ツイッター、フェイスブック、フォースクエアなど、人と人の「つながり」を介して情報をやりとりする時代が来たのだ。そこには人を軸にした、新しい情報圏が生まれている。いまやだれもが自ら情報を選んで、意味づけし、みんなと共有する「一億総キュレーション」の時代なのである。シェア、ソーシャル、チェックインなどの新現象を読み解きながら、大変化の本質をえぐる、渾身の情報社会論。

「ウェンディーズ」27日に日本再上陸 1号店は表参道 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

ウェンディーズの復帰開店が決まったニュース。
「ウェンディーズ」27日に日本再上陸 1号店は表参道 (産経新聞) – Yahoo!ニュース 

宅配のドミノピザなどを手がける「ヒガ・インダストリーズ」(東京都港区)は5日、2009年末に日本から撤退した米ハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」の”再上陸”1号店を、27日に東京・表参道にオープンすると発表した。今後5年で100店舗に拡大し、将来的には700店舗体制を目指す。
 1号店は東京メトロ表参道駅からすぐの、複合施設「表参道ヒルズ」の近くに27日正午、オープンする。

お帰りなさい。
うれしい。
一号店は表参道か。
行きたい。
ただし…

「ウェンディーズバーガー」や「チリ」「フロスティ」などの定番メニューに加え、日本オリジナル商品としてフォアグラテリーヌをのせたバーガー「フォアグラ・ロッシーニ」など特製バーガー4種もそろえる。

そおいうのは、やめようよ。
なんか、間違ってる気がする。

おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ
正垣泰彦 (著), 日経レストラン (編集)
内容(「BOOK」データベースより)
理系経営者が明かす「仮説・検証」のマーケティング。サイゼリヤ創業者初の著書。
単行本(ソフトカバー): 208ページ
出版社: 日経BP社 (2011/7/21)
ISBN-10: 4822233480

赤いレスポール、EP Booster

知り合いのライブを見に行ったら、ギターの人が見慣れない赤いレスポールを弾いていた。
ギタリストは、宮原零人というひと。
はげちょろけで1976年っていったかな。
いい音してたけど、それよりパッと見で目を奪われる!
ヘッドや指板のインレイを見るとカスタムなんだろうけど、ピックガードがあるはずのあたりは塗装がはげていて。
茶色の木目が見えているウラも年季が入った感じ。
久しぶりに人の楽器を羨ましいと思った。
201111302204000-1.jpg
このひと、エフェクターもコダワリがあるようで。
Maxonのいつだかわかんないオーバードライブを始めとして、アナログのコンパクトエフェクターを並べてた。
妙に小さい箱があって、これは何ですか、と聞いたら、EP Boosterというものだそうで。
むかしのテープエコーの回路を再現して太い音が出せる、というものらしい。
これも羨ましい。
というか、欲しくなってしまった。
ギタープレイも良かったなあ。
いかにもギター好きなのが伝わってきた。
しかし、きょうびのアマゾンは、こんなもんまで売ってるんだ…

Xotic(エキゾチック) エフェクター EP Booster
商品の説明
ジミー・ペイジ、エディ・ヴァン・ヘイレン、ブライアン・メイ、エリック・ジョンソン、 彼達のようなトップミュージシャンに共通する事とは何でしょうか? それは名機と言われるエコープレックスを使用していたことです。 本来エコープレックスとはディレイ効果を得るための装置ですが、 “通しただけで音が太くなる” ”音がしまる”という目的でプリアンプ的に使用されていた事は有名な話ですが、 その大きさやメンテナンスの問題で敬遠されてきました。 このウォームでコシのあるプリアンプサウンドを手軽に得られるよう生まれたのがXoticのEP-Boosterです。 トップクオリティーのパーツを使用、耐久性においても プロフェッショナルプレーヤーに充分対応出来るよう設計されています。 従来のコンパクトエフェクターを更に小型化して、近年のスリム化する機材事情にも対応します。 内部のディップスイッチによりEQ特性も変更が可能です。 シンプルな”ワンノブ”デザインは繋いですぐに使える音へのこだわりです。 内蔵の9ボルトバッテリーはもちろん、9ボルトから18ボルトまでの外部電源も使用出来るので 余裕のヘッドルームであらゆる楽器に対応します。 往年の”マジック”を是非堪能してください。