キャンプ – 山のふるさと村

山のふるさと村に行ってきた。
IMG_5113-1.JPG IMG_5112-1.JPG


今年はこれで最後かな。
夜の最低気温が3度。
テントの内外が測れてメモリーもできるDRETEC 室内室外温度計 O-209BLブルー計測。
まあまあ寒かった。
寝るときは寝袋の中に湯たんぽを入れれば、割と平気。
夜飲んでる間が寒いので、焚き火が欠かせない。
満天の星空が迫力の美しさだったけど、トイレの行き帰りくらいしか、見てられなかったのは残念。根性がない。
今回購入したのは、ランタンのホヤ。
前回駒出池でランタンスタンドを倒して割れてしまったので交換。
今回は、割れない金網のにした。

SOTO メッシュホヤ ST-2103
Amazon.co.jp 商品紹介
交換用のステンレスメッシュホヤ、落としても割れない安全なホヤになっている。


ちょっと暗くなるのかと思ったけど、特に気にならず。
風が吹いていたけど、それで消えたりすることもなく、快適だった。
スタンドのペグ打ちもするようにした。
しかしこのランタンは便利だ。
ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ST-233
百円ショップのカセットボンベでしっかり働いてくれる。
ガソリンのほうが明るいのはわかるけど、燃料の入手、ポンピングとやらの手間など考えると、変える気がしない。
明るさも別に使えてるし。
ただ、「虫の寄りにくい」はあまり実感してない。
虫の寄りにくい機能なしのでも、別に良かった気がする。
ソト(SOTO) フォールディングランタン ST-213

井上ひさしの読書眼鏡


井上ひさしの読書眼鏡
井上 ひさし (著)
内容(「BOOK」データベースより)
井上ひさしが見出した、面白い本、恐ろしい本。『読売新聞』連載、遺稿となった書評集。単行本: 195ページ
出版社: 中央公論新社 (2011/10/7)
ISBN-10: 4120042944


井上ひさしの遺品をまた1冊読んだ。
読売新聞に連載された書評。
書評でも、著者の人柄がにじみ出て、暖かく楽しく読める。
量は多くなく、読み易いのもあってするっと入ってくるんだけど。
でも、内容はみっしり、重くもある。
困ってしまうのは、出てくる本がことごとく読みたくなってしまう。
そんな余裕はないんだなあ。
特に、日本語国語大辞典第二版なんて、とても手が出ない。
その中で特に読んでみたいと思ったのは…

あと、米原万里の全著作から。

LMFAOって面白いな

LMFAOって面白いな。

音楽も面白いけど。
ビデオの舐めた感じがいいなあ。
名前は、「Laughing My Fucking Ass Off(大爆笑)」だそうで。

ソーリー・フォー・パーティー・ロッキング(初回限定特別価格盤)
LMFAO | 形式: CD
CD (2011/7/13)
ディスク枚数: 1
フォーマット: Limited Edition
レーベル: ユニバーサル インターナショナル
収録時間: 65 分
ASIN: B0050KDHBE

ポーランド版Googleの記念日ロゴが凝りまくり ちょっとしたパズルゲームに – ねとらぼ

これ、面白かった。
ポーランド版Googleの記念日ロゴが凝りまくり ちょっとしたパズルゲームに – ねとらぼ

Googleのポーランド版サイトが11月23日、同国のSF作家スタニスワフ・レムを記念するロゴに変わった。ユーザーがパズルを解くインタラクティブなロゴになっている。
 今回のロゴはレムの最初の書籍の出版60年周年記念。レムの作品「The Cyberiad(宇宙創世記ロボットの旅)」のイラスト風になっている。
 ポーランド版のサイトにアクセスしてロゴをクリックすると、ロゴ内に描かれていたキャラクターが歩き出す。キャラの行く先にはロボットが現れて計算問題を出すなど、次々とパズルが出題される。画面のボタンをクリックしてパズルを解くとアイテムが手に入り、アニメーションが進んでいく。

 
 
最初の画面で「?」をクリックすると、説明。
Google - Mozilla Firefox 20111123 213423.bmp.jpg
画面を戻して、クリックすると、それっぽい雰囲気のアニメーションが始まる。
ただのアニメーションかと思ったら、ゲームになってる。
最初はロボットが足し算を出してくる。
足し算はもちろん難しくないんだけど、答えを書く操作方法がだんだん凝ってくる。
うまく書き込めるとロボットが怒って可愛い。 しまいには爆発しちゃうし。
ゲームを幾つか(3種類だったかな?)クリアすると、最後は全て消え去って、レムの検索結果になる。
いいなあ、こうやって自国の誇る作家を記念する。
日本だと、誰だろう、夏目漱石あたりかな。
Amazon.comで見てみたら、I Am a Catが日本の本の8位に入っていた。
吾輩は猫であるだよな。
I am a catって…うーむ。我輩、も「I」か。まあそうだろうなあ。
まあそうだけどさ。
なか見!検索で冒頭が読めた。
I am a cat. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born.
I’ve no ideaも、とんと見当がつかぬ、とは感じが違うよなあ。
英語で読んだ人は面白いと思うんだろうか。

ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)
文庫: 317ページ
出版社: 早川書房 (1977/04)
ISBN-10: 4150102376
すごい。1977年出版でまだ売ってんだ。



ソラリス (特別編) [DVD]
出演: ジョージ・クルーニー, ナターシャ・マケルホーン, ジェレミー・デイビス
監督: スティーブン・ソダーバーグ
DVD発売日: 2008/09/05
時間: 99 分

IPv6導入が1600%拡大、Go Daddyが獅子の分け前

IPv6導入動向調査の結果。
調査は、The Measurement Factoryが実施、Infobloxがスポンサー。
IPアドレス全体に占めるIPv6アドレスの割合が、2010年の1.27%から25.4%に飛躍的に増大した、とのこと。
そしてIPv6アドレスの8割以上がGo Daddyにホスティングされている。
ただ、この調査はインターネット上で.comと.org、.netの3種類のドメインを調べたとのこと。
.jpが入ったらどうなったのか興味深い。
今後のIPv6に関する推奨事項が書いてある。

  • レジストラは外向けDNSサーバーとメールサーバー、ウェブサーバーを対象に、IPv6を完全サポートするべき。
  • エンドユーザー組織はレジストラにIPv6サポート計画を尋ねて、良い回答がなかったら乗り換えを検討すべき。
  • エンドユーザー組織は、自分たちのDNS実装がIPv6を完全にサポートしていることを確認するべき。

しかし、これはどう訳すんだろう?
I know, any excuse to plug their spokesmodel Danica Patrick is shameless, but what is really going on here?
plugは塞ぐ、挿し込むといった意味の他に、宣伝するという意味もあるらしい。
何だか反対な気がするけど。
そうすると、
そうさ、同社の広告モデルであるダニカ・パトリックを宣伝することの言い訳は何を言っても恥知らずになるだろうけど、でも実際のところ何が起こってるんだ?
こっちの記事でも、広告に触れている。
IPv6 adoption has grown 1,900%, largely due to GoDaddy | VentureBeat
Love ‘em or hate ‘em (or their ads), the GoDaddy folks have been the main force behind driving IPv6 adoption, according to a recent census.
この会社(あるいは彼らの広告)が好きか嫌いかに関わらず、GoDaddyのやつらがIPv6導入推進の大きな力になっている、と最近の調査が報告している。
これか。

よっぽど話題になってるんだな。

絶対わかる!IPv4枯渇対策&IPv6移行超入門 (日経BPムック ネットワーク基盤技術選書)
日経NETWORK (編集)
ムック: 268ページ
出版社: 日経BP社 (2011/6/7)
ISBN-10: 4822267695

スノーピークからヘッドライト ゆきほたる ES020

スノーピークからヘッドライトが出たらしい。

SNOWPEAK(スノーピーク) ソリッドステートランプゆきほたる ES020
【サイズ】Φ56mm×D53mm
【重量】65g(電池を含まない)
【装備重量】約101g(電池含)
【使用温度条件】0~40度
【連続点灯時間】Hi-55時間、Low-140時間、Strobe-200時間(新品電池使用時)


スノーピークはヘッドライトなんて言わないんだね。
ソリッドステートランプっすか。 LEDってことだよね。
「散光」モードではぶら下げてランタンにできるとのことだが。
そのモード切替が、スイッチじゃないらしい。
「散光」状態から、シリコンシェード(つまりランプのカバー?)を押してへっこませると集光モードになってスポットライト的に使えるとか。
しかも中に磁石がついてて形をキメると。
フーンさすがだね、ひと味違うぞと。
値段も一味違って、今アマゾンで¥ 4,980 。
自分は2年前に買ったコールマンのが気に入ってるからいいけど。

Coleman(コールマン) 5LEDヘッドランプ 170-9012
使用バルブ: LED バルブ )5MM( × 5 、バイピンバルブ( 3.6V 、 0.35A )× 1, 使用電源:単四形乾電池×3本
連続点灯時間:スポット / 約 2.5 時間、 1LED/ 約 90 時間、 3LED/ 約 30 時間、 5LED/ 約 18 時間, 本体サイズ:約 4.6 × 7 cm
重量:約107g, 機能:4段階光量調節
仕様:防滴, 交換用バルブ: 1709012KB
仕様に明るさが書いてないなあ。
スポットってなんだろう、一番明るいモードかなあ。


もう、売ってないらしい。
明るさもいいし、上下の角度がカクカク変えられるのがとても便利。
明るさ可変が4段階もあるのは、そんなにいらないんだけど。
これが1800円で買えて、気に入って使ってるから良かった。
連れ合いはどうも頭頂を通るバンドが気に入らないらしい。
見かけの「カワイさ」だと、ゆきほたる、なんだろうなあ。
ちなみにナチュラムで人気一番は、エーワン 8LEDヘッドランプ。

8LEDヘッドランプ ACA-4303
●サイズ:64×59×49mm●重さ:75g●使用電池単4×3個●8灯と4灯の切り替えスイッチ付、防水I型仕様●生産国:中国
製品概要・仕様
内容量:1個
サイズ:64*59*49(mm)(ベルトを除く)
8個の高輝度白色LEDを装着した、強力照射型ヘッドランプ。約20m先まで見通せます。防滴仕様。
¥ 1,790


これも間違いなくおっさん系だね。
いまのコールマンならこれか。

Coleman(コールマン) アクシスLEDヘッドランプ ブラック 170-9447
使用電源:単四乾電池×3本
連続点灯時間:約25時間
本体サイズ:6.8×4.8×3.5(h)cm
重量:約68g
付属品:単四乾電池×3本
¥ 1,780


お、チョットはすっきりしたじゃない。 頭頂バンドも捨てて安定性を犠牲にして。
上下動も健在なようだし、これなら良いな。
もうチョット頑張るなら、ジェントスか。
しかしカワイさアピールでは、他のを見ても、ゆきほたるに敵うものはないな。
やっぱりさすがスノーピーク。
といいつつスノーピークの商品は、多分なんにも買ったことがないなあ。

公共インフラ狙う「SCADA攻撃」が発生、米自治体の水道設備に障害 – ITmedia ニュース

SCADAへの攻撃で実被害が出たニュース。
公共インフラ狙う「SCADA攻撃」が発生、米自治体の水道設備に障害 – ITmedia ニュース

イリノイ州スプリングフィールドの水道水処理施設でポンプに障害が発生し、調べたところ、今年9月ごろからネットワークが不正侵入を受けていたことが分かったという。攻撃に気づいたのは11月8日だったと伝えられている。

生産システム関連で、外部から切り離された「無菌状態」だから問題ない、といった意見を聞いたことがあったけど、そろそろそうも言ってられない時代になったか。

ネット帝国主義と日本の敗北―搾取されるカネと文化 (幻冬舎新書)
岸 博幸 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
今ネットの世界では、グーグル、アマゾンなどに代表される米国ネット企業だけが莫大な収益を上げ、一人勝ちしている。これらの企業は、オバマ政権の後押しも受け、その帝国主義的拡大をさらに押し進めている。一例であるグーグル・ブック検索の問題では、ヨーロッパ各国政府がグーグルの提示した和解案に反対の姿勢を明確に示し、国家の威信をかけた抵抗が始まった。このままでは、いつまでも毅然とした姿勢を示さず政策を間違い続ける日本だけが、カネと文化を搾取されてしまう。国益の観点からネットの危機的状況を初めてあぶり出す。

ThinkPad Edge E525用にメモリーとMicrosoft Officeを安く買う

父のPCが壊れたので、新しいのを発注した。
壊れたのはDell Inspiron 2500というノートPCで10年くらい前に買ったらしい。

  • CPU Mobile PentiumIII-700MHz
  • メモリ 64MB
  • 液晶 15インチTFT
  • 解像度 1024×768ドット/フルカラー
  • HDD 10GB
  • DVD-ROM DVD8倍速/CD24倍速
  • 通信 モデム
  • サイズ 331(W)×275(D)×43.4(H)mm
  • 重量 約3.34kg
  • OS Windows Millennium Edition

メモリは128MB、HDDは20GBにしてあった。
OSはWindows ME。よく使えたな、今まで。
新しいのはLenovoのThinkPad Edge E525。

E420を5月に買った時より、価格も仕様も良くなってるなあ。
320GBのHDDは納期が怪しそう(タイで製造?)なのでレノボサイトより500GBに買えて発注。
今回学んだこと2点。
別途購入したメモリーが安くなっている。
DDR3-SODIMM D3N1333Q-4G DDR3 PC3-10600
5月には3700円してて、それでも安いと思ったのに。
4GBで¥ 1,809とは。
メーカーオプションだと6千円くらいするのは、買う気にならない。
全く同じものがE420で使えてるから心配もないし。
Officeも安く買えるんだ。
自分用の時はOfficeを買わなかったので調べなかったけど。
今回、WordとExcelは欲しいというのでMicrosoft Office Personal 2010をつけようとしたら¥21,000もする。
すごくやだけどしょうがないかなあと思って、でも一応調べたら。
既存ユーザー向けに安いのがあるんじゃない。
Microsoft Office Personal 2010 アップグレード優待
¥12,165で買える。
Office2000以降を買ったことがあれば、適用できるらしい。 しかもプリインストール版でも良いと。
そしたらたいていの人はこれでいいんじゃないのかな。 知らないで高いの買っている人も結構いそう。 国産メーカーPCなんて有無をいわさずついてるしな。
商売ってこうやってやるんだなぁ。
ちょっと苦労して解説ページにたどり着いた。
Office 2010<オフィス 2010>アップグレード情報 | マイクロソフト ユーモール
これをみると、アップグレードのプロテクションもかかってなさそうな感じ。
しかし、1万2千円で安いと思っちゃう時点で、してやられてるんだよなあ。
KINGSOFTだと3千円台。
KINGSOFT Office 2012 Standard パッケージUSB起動版
無料のOpenOfficeもあるというのに(自分はこれで問題なく使ってる)。
2万円も払わせてるっていうのは、すごいなあ。

アジアでもデニソワ人と交雑の可能性

ニュース – 古代の世界 – アジアでもデニソワ人と交雑の可能性 – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

 2010年、ヨーロッパの初期現生人類とネアンデルタール人の異種交配を示す研究が発表され、各界に衝撃が走った。さらに今回、東南アジア付近の現生人類もネアンデルタール人の姉妹グループである「デニソワ人」と交雑していた可能性が明らかになった。中国南部一帯に住む現代人の遺伝子構造の約1%はデニソワ人に由来するという。

いやあ、デニソワ人の血が入ってるかもしれないって言われても。
ネアンデルタール人なら聞いたことがあるけど。
デニソワ人にいたっては、イメージもわからない。

アフリカで誕生した人類が日本人になるまで (ソフトバンク新書)
溝口 優司 (著), 蔭山 敬吾 (編集)
内容(「BOOK」データベースより)
私たち日本人は、どのようにして生まれたのか―700万年前に最初の人類である猿人がアフリカで誕生し、さまざまな淘汰を繰り返しながらホモ・サピエンスへと進化し、ついに人類が日本列島にたどり着くまでの壮大な物語。日本人の起源についてはさまざまな説が論じられているが、本書では形質人類学による最新の研究結果を基に、日本人のルーツの謎に迫る。
新書: 192ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ (2011/5/19)
ISBN-10: 479736128X