雌が基本で雄は後から、は間違いだった

雌が基本で雄は後から、は間違いだったらしい。
「雌が先」説覆す…雄特有「侠気」遺伝子発見 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 野崎久義・東京大学准教授らは4年前、雌雄を区別できる最も原始的な生物である緑藻「ボルボックス」の雄株から、精子に似たたんぱく質を作る雄特有の遺伝子OTOKOGI(侠気(おとこぎ))を発見した。この時、雌株からは雄雌共通の遺伝子しか見つからなかったため、「雌が基本でそこに新しい機能が加わって雄になった」という従来の説が正しいと考えられた。
 しかし今回、雄雌両方の株の遺伝情報すべてを解読した結果、雌特有の遺伝子5個を発見、HIBOTAN(緋牡丹(ひぼたん))遺伝子群と命名した。さらに雄だけの遺伝子も新たに9個見つかった。

なんだヨ、男は後から無理やりできた不完全なもの、って既定事実のように言われていた気がするけど。違ったのか。

 「緋牡丹」の名は、野崎さんが大ファンだという女優・富司純子さん主演の映画名から。

緋牡丹お竜っすか!
どんな語源やねん。
でも、藤純子、じゃなかったっけ。

性の起源までさかのぼると、雄雌は根本的に違う進化をたどったことがわかる

根本的に違う進化、つまり異なる生物ということか。

緋牡丹お竜も、DVDで沢山でてるんだなあ。
見る人が、いるんだなあ。