天の川の全天パノラマ

天の川を一周?分写真にとってつなげたパノラマ写真。
All-Sky Milky Way Panorama 2.0
テキサス、ミシガン、そして南アフリカで撮影した写真、3000枚以上をつなげたそうな。
余りにスケールが大きすぎて、どこまで実感できてるか自分でわからないけど。
つまり、これが、銀河系の写真、てことなのね。
クリックして出てくるビューアーで、どんどんズームして細部が出てくるのが、なんだかすごい。

群衆の数え方

群衆の数え方Wired ハウツーウィキより。
Estimate the Size of a Crowd – Wired How-To Wiki
5000人以下の少人数の場合。
フローレートというやり方では、入り口などで、単位時間当たりに入場する人数を数える。
あるいは、会場の面積を調べて、そこから計算する。
一人当たりの面積は、
・腕一本くらいずつあいている集団では一人当たり10 (square feet) = 0.92平米
・少し混雑していると、2.5 (square feet) = 0.23平米
・密集していると5 (square feet) = 0.46平米
より大規模な集会では、空からの写真を使う。
小浜大統領の2009年就任演説式典では、680km上空の人工衛星GeoEye-1と、200m上空の気球からの写真で、百万人~二百万人の間、と推測された。
「そんな範囲の推測なら、オレのLazy Boyでも楽にできるぜ。」っていってるけど、Lazy Boyって何だろう。アタマのことかなあ。