プライべートクラウド:GoogleとVMwareの言い争い

自社内に仮想化したサーバー基盤を作るのと、クラウドのプロバイダーに委託するのと、どちらの方がユーザーにメリットがあるのか。
GoogleとVMwareが自社に都合の良い方向に誘導しようと争っている、という記事。
Google, VMware argue over private clouds – Network World
Virtualize your data center, or outsource to Google? Industry giants weigh in
By Jon Brodkin , Network World , 05/12/2009
VMwareはクラウドOSでプライベートクラウドを作り、サーバーとストレージを一元管理しましょうと提案。
ヴイエムウェア、クラウド対応OS「vSphere 4」を発表:ニュース – CNET Japan
Google Appsの製品マネージャーが4/28にブログで反論( Official Google Enterprise Blog: What we talk about when we talk about cloud computing )。
仮想化を使ったプライべートクラウドは利点はあるだろうがGoogleやAmazon、 Salesforce.comが提供する様なスケーラブルなデータセンターを利用すると、さらに増幅されたメリットを得られる、と主張。
Googleは自社の設備で仮想化は使わず、独自のジョブ管理システムを使っている由。
それに対してVMwareのVPが5/13にブログで再反論( VMware: The Console: Bringing Cloud to Enterprise IT )。
Googleが提供するアプリケーションに限れば確かにそれが言えるけど、殆どの企業では全てを任せる事はできない。
VMwareも同じ様に資源を統合するが、個々の要求に合せることができ、そこからクラウド・プロバイダーのサービスに接続することもできる。
まとめのところで凄いことを言ってる。
「柔軟性を維持して外部クラウドと内部システムを行ったりきたりしたい顧客にとっては、Googleの独自プラットフォームはホテル・カリフォルニアかゴキブリホイホイみたいなものだ。 アプリケーションを入れたら最後、二度と出てこない。」
ゴキブリホイホイ = roach motel っていう言い方は初めて知ったけど。
他の使い方もあるらしい。

  • 安モーテル、チェーン系でなくボロボロで寂れた町にある
  • 独自のファイル形式 (データを保存することはできるけど、取り出せなくなる)
  • Javaのメモリーモデルの特性 (コンパイラーやJVMがメモリーアクセスを同期ブロックに移すが、戻せなくなる)
  • Roach motel – Wikipedia, the free encyclopedia

しかし、人の会社の商売をゴキブリホイホイっていうかね。