日本語は天才である / 柳瀬 尚紀

翻訳家による日本語に関する「講義」集。
タイトルにまず惹かれ、著者がゲーデル、エッシャー、バッハの翻訳者(の内のひとり)と知って俄然興味が沸いて読んでみた。
日本語が天才である、というのは、外国語を取り込み成長してきた日本語の柔軟性としぶとさを賛美した表現。 翻訳家ならではの見方だろうなあ。
漢字の読み方、回文、敬語、方言、音訓などの話題を多様な言葉遊びに乗せて語っている。 話題があちこちに飛んでついていくのが大変だけど、とても面白い。 もっと日本語を大切に=勉強しなきゃ、と思わせてくれる。
GEBを読んだ時に、こんなのを訳す人は、とんでもない天才的ゲージュツ的頭脳の持ち主なんだろうなあ、なんて思った記憶があるけど、万葉集から外国文学まで幅広い教養と努力の結果なんだということを思い知った。 ま、あたりまえか。
日本語は天才である
日本語は天才である (単行本)
柳瀬 尚紀 (著)
単行本: 222ページ
出版社: 新潮社 (2007/2/24)
ISBN-10: 4103039515
ISBN-13: 978-4103039518
発売日: 2007/2/24
まえがき

日本語は、世界の言語の中で孤独
天才だからこそ孤独である言語、孤独であるからこそ天才である言語 ― しかし孤独であるけれども豊なる言語

第一章 お月さんはなぜ怒ったのか?
翻訳における苦労談から日本語の面白さへ導入。

You are a full moon.
されば、かの満月か。
去れ、バカの満月か。

ガイチカ – タクシーの運転手が画一化をこう読んだ。
たまねぎの二つの丸い穴にご注目。
EVIL – LIVEと読む
咎を各人と読む。

われわれは各人、それぞれの人生を生きている。

第二章 天才と漢字の間柄
漢字が輸入されて大和言葉に融合されていった過程を万葉集等を題材に。
田児の浦ゆ うち出でて見れば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける
田児之浦従 打出而見者 真白衣 不尽能高嶺尓 雪波零家留
見者に見ればという読みを当てた日本語は、天才。
この歌の漢字表記を載せているサイト:
新古今和歌集に撰歌された万葉集
雪は真ん中の棒が突き出ておらず新しい字。
万葉集夜話
万葉仮名の項。
万葉集夜話のインデックスは、
http://www.k3.dion.ne.jp/~kenmoti/sub002.html
第三章 平和なことば・日本語
日本語の苦手分野 – 侮蔑表現、罵倒表現

なんて弱い壁なんだ!

第四章 「お」の変幻自在

「お」と「ご」はなかなか厄介

(音読みする言葉には「ご」)

文化審議会国語分科会は、大野晋「日本語の年輪」という文庫本一冊を全国の国語教師に読ませることの法令化を考えたほうがいい。

第五章 かん字のよこにはひらがなを!
威露破がるた M37 (1904)憎まれ者露に定まる
ルビも文字も日本の勝利 – 捕虜になったロシア兵が活字工をしている
第六章 あずましい根室の私
方言の話題にことよせて、誇り高い著者の信念が書かれている。

ときどき文章がからまったり、むずがゆくなったりもしますが、それでも普段から言葉を寝かせて用意しておいたり、掻き混ぜたりして、もったいない言葉を削ったり捨てたりしながら書いている。 そういうくすぐったい文章を書かないときのほうが、かえって疲れるんです。
とっくに他人の書いていることを盗んだだけの、あつかましくてみっともない文章を書く人もいますね。あの手のものは書きたくない。

第七章 シチ派VSナナ派 真昼の決闘

ぼくも以前は、シチニンキョウダイと言っていました。 いつのまにか、ナナニンキョウダイと言うようになったのは、ナナジュウネン安保の影響かもしれません。

当然のごとく、第七章(=ダイシチショウ?)に持ってきてある。
第八章 四十八文字の奇跡
いろは歌について。

行末に「とかなくてしす」。 つまり「咎なくて死す」というメッセージが浮かび上がります。 第一章でLiveを後ろから見るとEvil ― 「人生→各人→咎」―というメッセージに言及しましたが、あれの数十倍強烈です。

あとがき

島崎藤村に『夜明け前』という大真面目な小説があります。 そういう小説でも、英語ばやりの時勢を揶揄してこんなことを書いている。 つまり、「猫撫で声」が「キャット撫で声」、「待つ夜の長き」が「待つ夜のロング」となるのではないか、と。 日本語が「キャット撫で声」になって欲しくはありません。この本はそういう思いで書きました。

アリス・クーパー来日

アリス・クーパーが20年ぶりに来日するってよ、って友人にメールしたら、

おお!来るのか。

ちょっとしてから

…といっている間に、チケット購入してしまいました。(^^ゞ

ずいぶんと盛り上がられたので、僕も買ってしまった。
で、こりゃいかんと(何がいかんかわかんないけど)、持っているCDのりっぴんぐ始めたら、7枚も持ってるのね、ぼく。
今、School’s Outを聞いてるけど、良いねえ。
趣味的にはもうちょっとモダンな、Trashがいいんだけど、1970年代前半のAlice Cooperはちょっと他に替えがたい雰囲気がある。 あ、Puiblic Animal #9が始まった。良いねえ。 ヘヘイヘーイ。
最近はどうなってんだろうと思ったらLive at Montreux 2005 (2pc) (Dol Dts)ってことで、DVDが出てた。なんでモントルーなんか出てんだヨ。 ジャケットを見ると、メイクは軽くしてるのね。
曲を見てみたら、けっこう満遍なくやってて、予習に困るなあ。 強いて言えばWelcome to My Nightmareが多いか。 本人も好きなんだろうなあ。 このDVDにはCDも付いてるって。 欲しくなっちゃうなあ。
Live at Montreux 2005 / Alice Cooperの曲と元のアルバム
(いくつかわかんないのもあった)
1. Department of Youth – Welcome to My Nightmare – 1975
2. No More Mr. Nice Guy – Billion Dollar Babies – 1973
3. Dirty Diamonds – Dirty Diamonds – 2005
4. Billion Dollar Babies – Billion Dollar Babies – 1973
5. Be My Lover – Killer – 1971
6. Lost in America – –
7. I Never Cry – Alice Cooper Goes to Hell – 1976
8. Woman of Mass Distraction – Dirty Diamonds – 2005
9. I’m Eighteen – Love It To Death – 1971
10. Between High School & Old School – The Eyes Of Alice Cooper – 2003
11. What Do You Want from Me – The Eyes Of Alice Cooper – 2003
12. Is It My Body – Love It To Death – 1971
13. Go to Hell – Alice Cooper Goes to Hell – 1976
14. Black Widow – Welcome to My Nightmare – 1975
15. Gimme – –
16. Feed My Frankenstein – Hey Stoopid – 1991
17. Welcome to My Nightmare – Welcome to My Nightmare – 1975
18. Awakening – Welcome to My Nightmare – 1975
19. Steven – Welcome to My Nightmare – 1975
20. Only Women Bleed – Welcome to My Nightmare – 1975
21. Ballad of Dwight Fry – Love It To Death – 1971
22. Killer – Killer – 1971
23. I Love the Dead – Billion Dollar Babies – 1973
24. School’s Out – School’s Out – 1972
25. Poison – Trash – 1989
26. Wish I Were Born in Beverly Hills – –
27. Under My Wheels – Killer – 1971

スイカ解約

スイカを解約した。
前払いするのに何もおまけが付かないのが納得いかず、それでも仕事の外回りで同行者に迷惑かけるのも嫌なので使ってたけど。
多少なりとも還元できるように、ってことで、東京メトロ To Me CARDを作ってPASMOオートチャージにした。
京王や小田急沿線の人はそれぞれ鉄道会社のカードで特典がいろいろあるみたいだけど自分はメリット少ない。
ないよりマシってことで、地下鉄のカード。
で、要らなくなったスイカを解約しようと思って調べたら。
JR東日本:Suica|入金(チャージ)・払いもどし

入金(チャージ)残額から手数料210円を差し引いた金額に、預り金(デポジット)500円を加えて返金します。なお、入金(チャージ)残額が210円以下の場合は、預り金(デポジット)のみの返金となります。

自分の金返してもらうのに手数料取るんかい!
預けてた分、利子を付けて返すどころか、金取るとは。
商売って、こうやるんだなあ。
意地でも手数料なんか払うもんか、ときっちり使い切ってみどりの窓口へ。そこでの処理は意外とあっさり、じゃデポジットね、と500円返してくれた。
返されて当たり前なんだけど、なんだかうれしくなってしまった。
これももちろん利子なんか付かず。
2007年10月の決算資料によると
http://www.jreast.co.jp/investor/guide/ の2008年3月期 中間決算説明会 解説付資料)
Suica発行枚数が約2千2百万枚だから、デポジットだけで11億円ってことだな。
もちろん、既に解約された分も入ってるんだろうが。
資金集めって、こうやるんだなあ。

PDAでEmacs

Windows MobileのPDAにはろくなエディターが入っていない。 メモ帳みたいなのと、Pocket Wordって言うのが入ってるけど、まず使い物にならない。
代替を探してみたけど、フリーでもあまり良いのがない。
と思ってたら、Emacsがあった。
Ng for Win32

MicroEmacs の一つである MG (Micro GNU Emacs) を吉田茂樹さんが中心となり日本語化した

というものらしい。
UNIXではずっとviだったのに、いまさらEmacsを使うことになるとは。
そこで、ん?と思ってviも探してみたら、あった。
VimCE
が、日本語は記述できず、全体的にまともに動いてなさそう。 アルファ版て書いてあるからしょうがないのか。
さあて、Emacsってどうやって使うんだっけな。
Ngの動作は快調。
デバイス: HP iPAQ hx2750 Windows Mobile 2003 SE

ETC取り付け – V35スカイライン

ETCなんか要らないと思ってた。が、首都高の料金改定で現金だと1200円になると聞いて(首都高の距離別料金制導入 利用者半数値上げに : ニュース : @CARS : YOMIURI ONLINE(読売新聞))、つけることにした。

かといってこんなもんに金を払いたくない。と思ってたら、JRS ETC無料キャンペーン(ETC車載器リース制度)で車載器を無償ゲットできた。送料500円払うのは良いとして、2年後にサポートサービス費用240円を払え、とあるのは良くわからない。

しかしこのキャンペーン、国土交通省の助成制度で、95万台を対象にしている由。助成金が1件当たり5,250円と書いてあるから、約50億円使っていることになる。業界との癒着って言うのは、こういうことか。しっかり応募しといてなんだけど、腐りきってるな。

取り付けは店に持って行けばやってくれるらしいけど5000円~、という相場のようなので、昨日、自分でつけてみた。

車の工作なんて初めてだ。

車載器はJ-ES102、古野電気というメーカーが日本ロードサービス株式会社にOEMで出しているものらしい。 もとの製品名はFURUNO ETC車載器 アンテナ分離型 FNK-M03/FNK-M03T
、他を見ると支払い金額をしゃべったりするものもあるみたいだけど、これはブザーが鳴るだけ。クレジットカードのひも付きも無くて純粋に無料なのはこのキャンペーンくらいだったので、最小限の器材ということか。

説明書によれば基本はオーディオのあたりから電源を分離するらしいけど。 ちょっと調べたらV35スカイラインのオーディオパネルを開けるのは大変なことらしいのであっさり断念。 (大変な中身:
ETC取り付け / 日産 スカイライン 【 みんカラ 】 整備手帳 )

ヒューズから電源を取る部品があるらしいのでそいつにした。
エーモン工業 E512 ミニ平型ヒューズ電源

アースを取るのがどこが良いのかわからずちょっと苦労した。最初はアクセルペダルあたりのネジが近いなと思って緩めようとしたけど、何かあったらシャレにならないので思い直し。 手前のボンネットを開けるレバーの辺りにあるネジが、シャーシとイケイケのようなのでそこにする。でも金具とちょっと大きさがあわない。まあ良いか。

ルームミラーの裏にアンテナをつけて、ケーブルを天井のパネルに埋めながら丁寧に這わせていったけど。途中で雪が降ってきて気もそぞろになり、だんだん雑に。本体周りは草むらのようになった。そのうち何とかしよう。 本体は左足にある物入れの外側に。両面テープで付けた。

220_2087.jpg
220_2087.jpg

届いた無料ETCキット
220_2088.jpg
220_2088.jpg

ヒューズ電源
220_2089.jpg
220_2089.jpg

ETCキットの電源を取る(圧着)
220_2090.jpg
220_2090.jpg

ヒューズボックス
220_2091.jpg
220_2091.jpg

アンテナは両面テープで貼り付け。ケーブルは天井に押し込む
220_2093.jpg
220_2093.jpg

本体設置状態。ケーブルは今度どこかに押し込もう。
220_2094.jpg
220_2094.jpg

アース。ハンドル右下のボンネットを開けるレバーのそば。シャーシとの導通は確認したけど、金具とねじの大きさが…

本日、試しに台場まで首都高で行ってみたらちゃんとゲートが開く。接近時のスピードが、まだ感覚よくわかんないけど、上等じゃないですか。



中国から米政府機関へのハッキング

中国は米データベースに深く浸透―専門家指摘
中国人民解放軍の支援の下に、中国人ハッカーは、組織的に米政府、米産業界のデータベースに浸透することに成功を収めているという
アマチュアのハッカーであれば、キー入力の間違いが出るはずだが、こうした間違いがなく、同じところへ1日に100回以上も毎日連絡を取っていることから、「大量の資金と人材を投入してネットワークの浸透が行われている」