顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」 / フレッド・ライクヘルド (著)

顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」 (HARVARD BUSINESS SCHOOL PRESS)フレッド・ライクヘルド (著), 鈴木 泰雄 (著), 堀 新太郎 (著)
顧客から利益を搾り取る悪しき利益でなく、継続した成長をもたらす良き利益を得ないといけない、そのために著者らのコンサル会社が開発した新しい指標NPS Net Promoter Scoreの計測と分析が必要、との趣旨。
究極の質問は、この製品/会社をあなたの同僚や友人に勧めますか?
NPSは 推奨者 – 批判者 (%)
前半はよかったけどだんだん(従来の)顧客満足度調査の批判と、だからNPSを使わないといけない、という売り込みになってきて鼻につく。
挙句、

「単一の指標という論理にのぼせあがり、第6章で言及したような測定上の難しさをほとんど理解せずに、ただ嬉々としてNPSを実践する無知な熱狂者…彼らは信頼性の低いNPSの点数を社員の報酬と連動させ、その結果、図らずも制度全体に対する信用を失墜させてしまうかもしれない。」

ときた。
頭の良い筆者らのコンサルティング会社に委託しないとお前ら馬鹿には使いこなせないよ、ということらしい。
がっかり。
エンタープライズレンタカー(ESQi)やインテュイットなどの事例紹介は参考になる。が、NPSについては、80%を達成した、などひとこと紹介されるだけで、それらの企業の努力や財務状況とどう関連しているか説明は無い。 また、これらの会社がNPSを支持しているかどうかはほとんど言及されていない。
顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」 (HARVARD BUSINESS SCHOOL PRESS)
フレッド・ライクヘルド (著), 鈴木 泰雄 (著), 堀 新太郎 (著)
単行本: 269ページ
出版社: ランダムハウス講談社 (2006/9/27)
ISBN-10: 427000147X
ISBN-13: 978-4270001479
発売日: 2006/9/27
商品の寸法: 5.4 x 3 x 0.8 cm
The Ultimate Question: Driving Good Profits and True Growth
by Fred Reichheld (Hardcover – Mar 2, 2006)
Buy new: $17.79 ¥ 3,045 (税込)

顧客は二つの条件が満たされないかぎり、個人的な推奨を行わない…まず、その会社が傑出した価値…を提供していると、顧客が確信してなければならない。…また、顧客がその会社とのリレーションシップを心地よく感じていることも欠かせぬ条件である。

SAML 2.0のID管理技術を研究するNTT

「内部統制問題はID管理問題」–NTT情報流通プラットフォーム研究所:スペシャル – ZDNet Japan

アイデンティティ(ID)管理の重要性が再認識されつつある中、ID管理技術の標準化を進める「Liberty Alliance Project」の活動やその加盟企業の製品対応の状況はどうなっているのか。今回の連載では、各加盟企業を取材し、Liberty Allianceでの役割やアイデンティティ管理の今後について見ていきたい。
 今回取り上げるのはNTTだ。NTTは、Liberty Allianceの最高意思決定機関であるボードメンバー10社の中の1社。同社は日本での普及促進を図る日本SIG(Special Interest Group)にも積極的に参加しており、NTT情報流通プラットフォーム研究所 ユビキタスコンピューティング基盤プロジェクト グループリーダで主幹研究員の高橋健司氏は、日本SIGの共同議長を務める。今回はNTTにおけるLiberty Allianceの取り組みについて高橋氏に話を聞いた。
NTTがLiberty Allianceに積極的に関与しているのは、「non-traffic」と言われる非音声系のサービスの領域において、アイデンティティ管理、とりわけ顧客を認証・特定し、顧客情報を管理する部分が非常に重要になってくると考えているからだ。今後、次世代ネットワーク(NGN)でも多種多様なサービスが提供されるようになるため、その重要性はますます高まっていく。高橋氏のチームでも、NGNに向けてSAML 2.0標準に基づいたID管理技術について研究開発を進めている。

PCI DSSがさらに強化される

Payment card security compliance a moving target with additional requirements on the horizon – Network World
今年末にクレジットカード業界のセキュリティ規制PCI DSS 1.1の準拠期限が来るのに合わせて大規模小売業者とサービスプロバイダは対応を急いでいる。
準拠のための投資は数千万円規模。
今週トロントで開催されているPCI Security Standards Council のミーティングでは、仕様をより強化する議論がされている。
PCIコンプライアンスは全体的にネットワークレベルからデータレベルのリスクに焦点が移っている。

WAF- NetContinuumをBarracudaが買収

WAFメーカーのNetContinuumをBarracudaが買収。 買収額未公表だが、かなり渋かった模様。
7月には決定していたが今まで公表しなかった。(なぜ?)
Barracudaは、NetContinuum製品のユーザ・インターフェースを改良した後、「そのうち」the Barracuda Web App Controllerとしてリリースする。
「ほんの1人~2人しか解雇しない。」
Barracuda buys Web security vendor NetContinuum | InfoWorld | News | 2007-09-17 | By Robert McMillan, IDG News Service

匿名化ツール『Tor』の落とし穴――大使館等の通信傍受に成功 | WIRED VISION

匿名化ツール『Tor』の落とし穴――大使館等の通信傍受に成功 | WIRED VISION
Kim Zetter 2007年09月13日

Torは、世界各国のボランティアたちが寄付したサーバーを使用し、トラフィックを送信する際、無作為に選ばれたサーバーを経由させることで、匿名性を実現する。
トラフィックは経路の大部分で暗号化され、ユーザーが使用するたびにランダムな経路で送信される。
Torアーキテクチャーのもとでは、入口ノードの管理者はユーザーのIPアドレスを確認できるが、私信の中身を読んだり、送信先を知ることはできない。ネットワークの途中の各ノードで分かるのは、トラフィックを送ってきた直前のノードだけで、データに施された暗号化の層をはがすことにより、接続する次のノードが分かる仕組みになっている。ちなみに、Torとは「The Onion Router」(玉ねぎルーター)の頭文字だ。
しかし、Torには既知の脆弱性がある。ネットワーク内でトラフィックが最後に通過する出口ノードでは、最終的な目的地に送信される前にデータが復号化されなければならない。最終ノードを管理する人物は、このサーバーを通過するデータを見ることができるのだ。

CitrixがXMLセキュリティのQuickTreeを買収

CitrixがXMLセキュリティ向けソフトウェアのベンダーQuickTreeを買収。
Citrix Systems ? Citrix Brings Web 2.0 Applications Closer to the Enterprise with Acquisition of
QuickTreeは組み込み用のXMLセキュリティソフトウェアを開発。
1月の発表によると、
A custom secure parsing engine for XML Denial of Service — Fine-grained Schema and WSDL validation — XPath-based deep parameter inspection — A streaming API so XML content is processed as fast as it arrives
ということなので、暗号・署名関係や認証関連はやってないらしい。
しかし、CitrixはTerosの合併もうまくいってないみたいなのに、がんばるなあ。

“CitrixがXMLセキュリティのQuickTreeを買収” の続きを読む