OASIS EKMI対称暗号鍵管理の標準化

OASISニュース2007年6月25日
OASIS会員が、企業全体に渡る対称暗号鍵管理の標準化を行う委員会を設置
2007年6月25日米国マサチューセッツ州ボストン発 – OASIS国際標準化コンソーシアムの会員は、企業全体に渡る対称暗号の暗号化法鍵(symmetric encryption cryptographic keys)を管理するオープン標準を開発する委員会を設置しました。このOASIS 企業鍵管理インフラストラクチャ(EKMI)技術委員会は、ネットワーク・ベースのサーバーの対称鍵管理サービスを要求するクライアント・アプリケーションを可能にするロイヤリティ・フリーのWebサービス・プロトコルの標準化に取り組んでいます。この委員会はまた、このプロトコルの標準に準拠した実装を保証するため、EKMIの実装、運用と監査指針、そして相互運用性テスト集を作り出すことにも取り組んでいます。
:
レッドハット、米国国防総省、Visa等の代表が、OASIS EKMI技術委員会を設立しました。