Smoke on the Waterは2本指

WOWOWでやってた、パープルのメンバーにMchine Headについていろいろ聞くというインタビュー番組をビデオで観た。
ROCK THE CLASSIC ディープ・パープル~マシン・ヘッド|WOWOW ONLINE
インタビューなんて、と思ったけど、とても面白かった。最近の(といっても何年か前だろうけど)メンバーが現れて、当時を回想していろいろ語る。ロジャー・グローヴァーは卓をいじって音の重ね方を解説しながら、リッチーとジョン・ロードは楽器を弾いて見せながら、2人のイアンはへらへら笑いながら2人で突っ込みを入れ合いつつ。
ジョン・ロードはバッハ風のこういう音階をネ、と弾いて見せつつ、こういう風に音を上げるとね、とマーシャルのボリュームをぐいって回す。
で、Smoke on the Waterのリフは、右手は2本指で弾いてたのね。ピックを小指のほうにしまっといて、親指と人差し指で挟むように2本の弦を弾く。生ギターを抱えて「他の人たちはこんな風に弾くけど」と普通に弾いて見せて、「でもこうなんだ、ぜんぜん音が違うだろ」と2本指。その直後に昔のスタジオライブのビデオが流れてみると、ほんとだ。2本で弾いてる。知らなかった。
録音してたホテルの火事は、ザッパのコンサート中に起こったっていうのも、初めて聞いたかもしれない。パープルがモービル・ユニットを持ち込んだホテルにザッパが来てコンサートやって(なんという時代!)、観客席から花火が2発上がって、それが天井に火をつけたと。イアン・ペイスが、花火が2発、こんな風にね、と手まねで説明。観てたらしい。その後ザッパが、みんな落ち着いて、とアナウンスしたけどパニック状態だったと。
Frank Zappa and the Mothers
Were at the best place around
ってのは、実際にそこに居たってことだったのね。

“Smoke on the Waterは2本指” の続きを読む