反対進化 /. エドモンド・ハミルトン (著)

反対進化 創元SF文庫
エドモンド・ハミルトン (著), 中村 融 (翻訳), 市田 泉 (翻訳)
Amazon.co.jp:反対進化創元SF文庫: 本
文庫: 398 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 東京創元社 ; ISBN: 4488637035 ; (2005/03/24)
キャプテン・フューチャーの著者の作品集、ときいて、古ぼけて能天気な雰囲気を想像したけど、ずっしりとした手触りで楽しめた。
ま、古いのは確かだけど。
赤銅色と言うか、まだ流線型でない角張った金属の世界が存在するころのSFのイメージ。50年以上前の夢が展開されていて、今はもうまったく違う世界だけど、はたして良いほうに転んできたのか、考えてしまう。
雰囲気はちょっと物悲しかったり、切なかったり、そんなお話が多いけど、60年代初頭には人類が月に行ってたりして、技術面では楽観的な人なんだな。
●「アンタレスの星のもとに」
●「呪われた銀河」
●「ウリオスの復讐」
ばかばかしいほど復活と追跡が繰り返される。あーあ、って感じだけど、アン・ライスのレスタトなんかを思い出して、ちょっと親近感。
●「反対進化」
スリルが高まったと思ったら、僕たちはダメダメだった、というメッセージを突きつけられる。あっけにとられてしまう結末。
●「失われた火星の秘宝」
活劇風。こういうのが、古さを感じちゃう。単に背景として描かれている古代の文明が魅力的。
●「審判の日」
物悲しい。
●「超ウラン元素」
宇宙基地と鉛と勇気ある行動。これこそ、昔懐かしいへヴィメタル名SFの味。
●「異境の大地」
これはすごい。昼と夜がめまぐるしく変わり、未知の世界が現出するイメージが圧倒的。
●「審判のあとで」
●「プロ」

Live at the House of Blues / Travers & Appice

Live at the House of Blues / Travers & Appice
CD (2005/07/12)
Pat TraversとCarmine Appiceのユニットが行ったツアーのライブ。ベースにT.M.Stevensが入っていて、時々T.M.のワンマン状態になってる。
しっかし、皆さんお元気。
選曲はそれぞれ過去のレパートリーと、Travers & Appiceになってからの新曲を満遍なくやってるけど、すべて同じクオリティと迫力で演奏してる。
I’m Sexyもやってるんだけどこの曲のクレジットを見ると、C. Appice; D. Hitchings; R. Stewartってなってる。カーマインさんも参加した曲だったんだ。プラス、Duane Hitchingsなんて、すげー面子。この演奏でベースの音は、トーキング・モジュレータかな、ベースに使って脳みそ大丈夫なんでしょうか。
パットラのギターは、昔に比べるとお行儀が良くなった気はするけど相変わらずロック心をくすぐるフレーズを連発してくれる。まずオープニングのTakenが良くて、ゆったりしたリフからおもむろにリズムインしてくところからワクワクするけど、展開してI got a dollar in my pocket, but I’m always spending threeのあたり、そしてGソロに、好きだなあ。やっぱりGソロも考えて弾いたほうがいいのね、と思わせてくれる。
次のBetter from a Distanceも好きだし、結局It Takes a Lot of Ballsの曲がいかったのだと。
カーマインさんは、いくつなんだろうこの人、衰えるどころかパワー増大してるんじゃなかろか。普通にバンドでやったら怒られるくらい叩きまくり。相変わらずスネアにワウかけたドラムソロやってんのもご愛嬌。…と思って喜んでたら、Can’t Escape the Fireの派手なオカズで見事にこけてたりして、ああこんな偉人でもこんな風にこけるんだ、と安心したりする。
でまた、ほっとしたのも束の間、かるいGソロを挟んでLa, La, Loveのかの有名な(でもないか)イントロになだれ込んで、涙、涙ですよ。
そういう、次の曲へのブリッジなんかも、さすがうまい。T.M.Stevensのベース・ソロ(というか…)からI Gotta Have Yaに入るところなんて、カッコいいの一言。
円熟した大人たち3人が集まったトリオのライブ。とっても楽しめた。ライブ見てえ。

オムレツの作り方

オムレツを食べたい。
プレーンオムレツ
細かく書いてあっていいんだけど、今一つ文章が分かりにくい。どうやら、半円形でなく、両側から折って葉巻型にするタイプ。バターを入れるときは煙が出るほど熱くしてしまうと、駄目らしい。全体を半熟にするために、「焼けたところを中へ、焼けていない卵液を外へ」っていうのが、どうするのか。
ペンション コテージ モンテラック
モンテラック名物のオムレツのつくりかた
ここは半円形?最後にお皿を急角度で当てて盛るところにこだわっている。
オムレツの基本 定番料理のレシピ [キッコーマン]
ここも半円形。いっぺん折ったら難しいことは言わず、とにかくひっくり返せと。ふちが固まってきたら大きくかき混ぜる。
卵をまず溶く。
牛乳をちょっと入れる。
オリーブ油で具を炒める→皿にあける。
いっぺんフライパンを冷まして、中火にしてからバターを入れる。
卵を入れる。
ちょっと回りが固まってきたらかき混ぜる。
具をのっけて折る。
ひっくり返す。
こんな感じかな。

SUNとMicrosoftのWS標準規格互換性ツール

SunがMicrosoftとの互換性を確保するツール群(?)WSITについて出したプレスリリース。
昨日、Nさんが講演の中で言っていたもの。
Sun and Microsoft Showcase Interoperability Between the Java Platform and .Net Framework at the 2006 JavaOne Conference
OpenJava EEのコミュニティで多数のWS-*規格に対して、互換性を提供する…って、要するに何なんだろう。
カバーされる規格:
Quality of Service ? WS-Reliable Messaging, WS-Coordination, WS-Transactions
Security ? WS-Security, WS-Trust, WS-Secure Conversation, WS-Security Policy
Metadata ? WSDL, XML Schema, WS-Policy, WS-Metadata Exchange
Messaging ? SOAP, WS-Addressing, Message Transmission Optimization Mechanism (MTOM)

スパム対策 – hi-hoがSPFによる送信ドメイン認証を導入

SPFが先行して広がっているか。
hi-hoが迷惑メール対策を強化,送信ドメイン認証を導入:ITpro
今回,hi-hoは送信ドメイン認証の一つであるSPFに対応。hi-hoの正式なメール・サーバーのドメイン名とIPアドレス(SPFレコード)をDNSサーバーに登録して公開を開始した。
今回,hi-hoは送信ドメイン認証の一つであるSPFに対応。hi-hoの正式なメール・サーバーのドメイン名とIPアドレス(SPFレコード)をDNSサーバーに登録して公開を開始した。

DKIMのニュース:
@IT:今度こそ標準化? 送信認証技術「DKIM」が2007年成立へ
以前より米ヤフーが中心となって策定を進めていた「DomainKeys」と、米シスコシステムズらが提案していた「Internet Identified Mail」(IIM)の仕様を統一した技術だ。どちらも電子署名を利用して送信者を認証する技術で非常に似た仕組みだったため、統一仕様での標準化作業となった。すでにDKIMのInternet DraftsがIETFに提出されており、2007年ごろには標準化される予定だ。

DNSサーバ構築の難しさを

@ITの記事。
基本サービスこそ運用が難しい - @IT情報マネジメント
DNSサーバ
 次に苦手なのはDNSサーバ系である。
 DNSサーバの設定は、簡単なようで実は難しい。世の中のDNSサーバを見渡すと、大多数のサーバに設定の誤りが含まれているという現状が、DNSサーバ構築の難しさを物語っている。試しにhttp://www.dnsreport.com/などのサイトを使って、自社サイトのDNS設定が正しいかどうか調べてみていただきたい。すべての設定をパスしている組織はあまり存在しないのではないだろうか。
 また、DNSといえばDNSのキャッシュ問題を取り上げないわけにはいかない。DNS設定を変更しても、ほかのサイトのDNSサーバのキャッシュが破棄され、新しい設定が適用されるまでは、新しいDNS設定が完全に有効になったとはいえない。定石通りTTL値を小さくしておいてからDNS設定を変更したとしても、ごく一部のDNSサーバもしくはPCのキャッシュが更新されないため、古い情報を使った昔のIPアドレスに対するアクセスが必ず発生する。これはアクセスしてきた側のシステムの問題なので、こちらではどうにもならない。

シマンテックがSAML2.0ベースのサービスを構築

シマンテックがSecurity 2.0構想の中で、ユーザのアイデンティティ管理サービスとして、SAML2.0ベースのサービスを構築する。
米Symantecが掲げる次世代セキュリティ構想“Security 2.0”
 ユーザーを取り巻く脅威の状況が変化していることから、さらに将来のコンシューマ保護のあり方として“Security 2.0”という構想ももっている。
 Security 2.0では、消費者のアイデンティティ管理を提供する必要があると考えている。ユーザーのアイデンティティを管理した上で、ユーザーによるWebサイトやユーザー相互の評価(レイティング)情報を提供し、安心して利用できるサイトや信頼できる情報源を見分けることを容易にできる。
 このサービスは、まずは同社が持っている全世界5000万のユーザー登録情報がベースとなる。既に大きなユーザーコミュニティが存在しているため、このコミュニティに対して新しいサービスとしてアイデンティティ管理を提供する、ということだ。
 アイデンティティ管理に関しては、マイクロソフトのPassportやLiberty Alliance(リバティアライアンス)など、連携アイデンティティ管理の実現を目指す標準化団体が存在している。同社としては同じものを再発明しようという意図はなく、むしろ既存の他のアイデンティティ管理と連携してサービスを展開する方向だ。そのため、Security 2.0のアイデンティティ管理サービスは、標準規格であるSAML(Security Assertion Markup Language)に基づいて実装される計画だ。

ハッカーがFBIへの血液/DNA提供を拒否

2002年にニューヨーク・タイムズのサイトをハックして保護観察中の人が、FBIへの血液提供を拒否して捕まったそうな。
FBIは犯罪者DNAカタログ用に血液提供を要求、ハッカーのラモ氏は宗教的理由で拒否。
Wired News: Feds Want Hacker’s Genetic Code
いろんな人がいるなあ。