Frank Marinoの最新ライブReal Live

フランク・マリノの最新ライブ(といっても2001年録音、2004年発売だけど)を聴いたら、これが、良かった。
相変わらずどころかますますわが道を行く、スペイシー弾きまくり大会、2枚組み142分という大作で、もう、堪能いたしました。
Real Live / Frank Marino & Mahogany Rush

幕開けがVoodoo Chileで、というか肩慣らしのセッションだけど、ユルク始まって、ああ大人になったなあと思っていたら突然Something’s Comin’ Our Wayのギターソロのさわりに突入してコーフン。ここは昔コピーしたなあ。
3曲目のHe’s Callingはちょっと違う感じで風変わりかつかっこいいけど、他の曲は昔ながらの弾きまくり大会。
He’s Callingは調べたら2001年にEye of the Stormってアルバムを出していたらしく。ここに入っていたのね。このアルバムを出したときのインタビューでなぜこんなアラビア風のギターを?との問いには、母親がアラブ人でアラビア風の音楽は昔から好きだったといっているが。しらなかった、半分アラブ人のカナダ人だったとは。
ライナーノーツの中でリハーサルについて訊かれて、リハーサルなんか百万年したことないよ、全部ジャム、ジャムできなきゃウチには入れないんだ、と豪語しているけど。 ジャムって言うより、俺が好きなように弾くからついて来いってことだね。このバンドのメンバーは大変だ。
選曲は3時間40分のステージ(!)から、いままでライブ盤に入ってない曲を優先して選んだってことだけど、そこそこ緩急があって良い。それでも2時間半近くあるから一気には聴けないけど。
Stories Of A Heroで懐かしく、Strange Universeでびっくりして、Rock And Roll Hall Of Fame – Ain’t Dead Yetでまた懐かしく(似合わないライトハンドも相変わらずなのね)、World Anthemを一人バージョンでやられて感激してしまった。
ああ、良かった。
ついでに他のアルバムについても書いとこうかな…

“Frank Marinoの最新ライブReal Live” の続きを読む

Symantecがデータベース・セキュリティ製品Big Brother

SymantecがBig BrotherというDBセキュリティのアプライアンスをベータ・テスト中。
Intrusion Preventionのエンジンを使用してクエリを監視する。
いよいよDBセキュリティも使う人が増えるか。
出荷時期未定。
Symantec moving ahead with database appliance

Linuxを狙う新たなワームが出現,“ボット”の機能を持つ

XML-RPC for PHPのバグ狙いはすっかり定番になった感がある。
Linuxを狙う新たなワームが出現,“ボット”の機能を持つ:IT Pro

“Linuxを狙う新たなワームが出現,“ボット”の機能を持つ” の続きを読む

帰ってきた。怖かった。

帰ってきた。コメントありがとです。
けにあメモ: 帰れなくなった
実は一瞬、死ぬかと思った。
土曜に最初に離陸したとき、もう安心と思って寝てたんだけど。
がたん、という音と衝撃とともに目が覚め。女性のキャーって悲鳴とごぉーっていう轟音がしていた。
そういえば機体のの不調で出発が遅れたんだなあと思い出し、何か起こったんだと考えたら、ひょっとしたら死ぬのかも、と。
実際は再度不調が発覚して空港に戻って、もう着陸態勢に入った音だった。
きっと一度アナウンスがあったんだろうけど。マジでこわかったっす。
今日は朝5時半にホテルを出て空港に行くも相変わらず機体のテストをしてます、てことで延々出発せず。
とうとう別の機体に交換する、とアナウンスがあったときには一同拍手。
結局離陸したのは11時だった…
まあ、結局さっきうちに帰り着いたんで、よかった。
でも今週は忙しくなりそうだなあ。

帰れなくなった

SFOからNorthwestに乗って帰ろうとしたら機体不調で2時間出発が遅れ。飛んだと思ったら引き返した。
飛んじゃってからヤッパリだめ~っていうのは勘弁して。
その後の対応手際悪すぎ。1時間以上並ばされた。それでも前から10人目くらいに並んでたんだけど。後ろの人たちはどうなっただろう。
朝9時に出発して仮の宿に入る19時まで、えらい疲れるわけだ。
取ってもらった宿はThe Westin San Francisco Airport
えらそうなところ。飯を食いに行ったら、メニューは相変わらずえらそうだけど、ウェイタ+ウェイトレスの対応ひどい。素人丸出し、待たせるしビール持ってきたらこぼしたり。パスタでも食おうかと思ってたけど、パスタは1種類のみ、しかも$20。手打ちのこだわりそば屋でもで2000円以上取れるのはなかなかないでしょ。
結局Newyork Strip Steak 14oz. $34をいただいた。

WS-Security 1.1を見てみたら

しまった。トークン・プロファイルも全部1.1になっちゃったのね。余り変わってなさそうだけどちょっと変わってる。
コア仕様のほうでは、EncryptedData Tokenと言うのが加わって、トークン自体が暗号化されて入ってても良くなってる。
大きな変更はそんなもんかなあ。
副題がWS-Security 2004のままなのは、変な感じ。ま、大筋変わらず、と言うことか。
PDFの中が検索できるようになったのが嬉しい。
OASIS Web Services Security (WSS) TC

WS-Security 1.1が標準化

WS-Security v1.1がOASISの標準になった。
プロファイル群の統合、メッセージ・ベースのWebサービスと既存のセキュリティ技術の統合(?)など。
OASIS – News – 06-02-15
Members Approve WS-Security v1.1 as OASIS Standard
Actional, Adobe, AmberPoint, BEA Systems, BMC Software, Computer Associates, EMC, Forum Systems, Fujitsu, Hewlett-Packard, Hitachi, IBM, Intel, Microsoft, Neustar, Nokia, Oracle, Reactivity, RSA Security, SAP, Sun Microsystems, Tibco, VeriSign, and Others Collaborate to Advance Foundational Standard for Web Services Security

ダーク・シーカー / K.W. ジーター

ダーク・シーカー / K.W. ジーター
妄想が重なりあったフラッシュバックのパッチワークのような物語。ディックの後継者、らしいけど、ずっと華やかな表現をした文章だと思う。訳文がいいのかもしれない。この翻訳者(佐田 千織)さんはファンタジーが多いみたいだから、それでか。
現実を悟らせないようにたくさんの視点が交錯する中で、繰り返される台詞が呪文のよう。
静かな誘惑。”教えてあげられるんだよ。” … “あんたが知りたがっていることを”
“簡単なことだ”
“もうすぐそこだ”
ダーク・シーカー ハヤカワ文庫SF K.W. ジーター (著), K.W. Jeter (原著), 佐田 千織 (翻訳)
C 1987
文庫: 396 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 早川書房 ; ISBN: 4150112398 ; (1998/07)

眠れる美女 川端 康成

川端康成の、耽美短編集。夜中に読んで世界に浸れる。
三島由紀夫の解説がついていてびっくり。
眠れる美女 新潮文庫
川端 康成 (著)

文庫: 219 p ; サイズ(cm): 16
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4101001200 ; 改版 版 (1967/11)
1.眠れる美女 昭和三十六年十一月
描写がしつこい人だなあ。一晩の話で終わるかと思いきや、何回も繰り返すなんて。これでもか、と肉体の美しさを書き込んでいく。うなじ、腕、胸、腰、足。
だんだん、肌の光に吸い込まれそうになっていって、気持ちいい。老いて諦めの境地になっている心境が次第にあからさまになっていくのは怖さを感じる。
2.片腕 昭和三十九年一月
久しぶりに読んだ。
フェティッシュの対象が腕だけになって、さらに深い世界。なのにかえってメルヘンになっていてふわふわする感じ。
私は娘の腕をほんの少しまげて、その光りのかげをためると、それを持ちあげて、唇をあてて吸った。
3.散りぬるを 昭和九年五月
いきなりルーツみたいな作品が最後に入ってた。
前2作の華麗さはまったくない。その分だけ混沌とした感じが出ている。