山椒魚戦争 / カレル・チャペック

1930年代に、チェコの人がこんな空想小説を書くなんて。
山椒魚が知性を持ったら、と、アイディア一発ぽく始まる小説だけど。スラップスティックなまでにそれを利用する人間世界を暴走させて、でもほんとは欲と戦争で馬鹿ばっかりやってる人間を揶揄するのが目的でした、ということね。山椒魚がだんだん不気味に感じられてくるけどなかなか爆発しないのが、ホラーみたい。それでも徹底して穏やかな調子で進行していって、こけおどしなんかない。読み終わってほんわかした気分さえあるんだけど、でもちゃんと考えなさいね、ていうのが大人だなあ。
すごく面白くて、さらにこの時代に、てのがすごすぎた。なにしろ太平洋戦争が始まる前だもんな。しっかり読み直そうと思ったら、かなり体力がいりそう。

山椒魚戦争 (岩波文庫)
山椒魚戦争 (岩波文庫)

posted with amazlet at 13.10.06
カレル チャペック
岩波書店
売り上げランキング: 83,326

内容(「BOOK」データベースより)
赤道直下のタナ・マサ島の「魔の入江」には二本足で子供のような手をもった真黒な怪物がたくさん棲んでいた。無気味な姿に似ずおとなしい性質で、やがて人間の指図のままにさまざまな労働を肩替りしはじめるが…。この作品を通じてチャペックは人類の愚行を鋭くつき、科学技術の発達が人類に何をもたらすか、と問いかける。現代SFの古典的傑作。