Sonic: リアルタイムなRFIDアプリケーション開発をサポートする「ObjectStore RFID Accelerator」を発表

Sonicが、RFID Acceleratorなるものを出したのですね。
http://www.sonicsoftware.co.jp/news/2004/1027.html
ObjectStoreベースのインメモリDBを使って、RFIDデータの処理が高速にできる、という触れ込みのようです。
Transactと同じような感じですが、競合になるのか?
リアルタイムなRFIDアプリケーション開発をサポートする「ObjectStore RFID Accelerator」を発表

Sonic:

Sonicが、RFID Acceleratorなるものを出したのですね。
http://www.sonicsoftware.co.jp/news/2004/1027.html
ObjectStoreベースのインメモリDBを使って、RFIDデータの処理が高速にできる、という触れ込みのようです。
Transactと同じような感じですが、競合になるのか?
リアルタイムなRFIDアプリケーション開発をサポートする「ObjectStore RFID Accelerator」を発表

TCGのニュース:Trusted Network Connect

記事自体はTCGとTPM概要の説明、と言った所ですが。
この中に、Trusted Network Connectというサブ・グループがTCGの中にある、といった記述がありました。
この組織はTPMを使ったネットワーク・セキュリティの規格を作ろうとしているようで。
調べてみたらExtremeやJuniperも入っていました。
TNCプレスリリースの中に書いてあるメンバー:
Extreme Networks, Foundry Networks, Funk Software, InfoExpress, iPass, Juniper
Networks, Meetinghouse Data Communications, Network Associates, Sygate,
Symantec, Trend Micro and Zone Labs Join HP, Intel, Verisign and other TCG
Members
Microsoftの名前が出てきていませんが、先日話題になった
NAPにも関連しそうな感じ
Trusted chip assures endpoint integrity
Network World, 12/13/04
Today, network connection requests by clients typically are granted or denied based on a client’s ability to prove some or all of his credentials, including passwords, machine certificates and user certificates. But this approach to security ignores the possibility that the client platform contains malicious code such as viruses, Trojans or malware that can spread through the client’s network.
TNCプレスリリース:
Trusted Computing Group Developing New, Open Trusted Network Connect Specification to Ensure Endpoint Integrity
TCGホーム
インテルによるTCGへの取り組み
TCG (Trusted Computing Group) を通じてPC のセキュリティ向上を目指すインテル By Robert Meinschein

Ciscoがサーバ仮想化へ、TCP Offload, RDMA

CiscoもXMLアクセラレーションを含むアプリケーションレベルのネットワーキングについて語るようになりました。
Ciscoがサービス仮想化をにらんだソフトウェア強化を行う、と話したそうですが。
http://www.nwfusion.com/news/2004/121304ciscoenterprise.html
背景としてルーティング技術の部分では差別化ができなくなってきたことを挙げた上で、
・プロトコル・オフロードやRDMA等による機能強化を行う
・XMLやMQ等のアプリケーション・ルーティングを目標 とする
・XMLやWebサービスの標準化に後押しされているが、これらの動きは一般に考えられているより速い
(革新と成長がnext few yearsのうちに期待できる分野)
といった方針が述べられています。
更にこれらの分野でCiscoの先を行っている会社として、
・protocol terminationやRDMA関連でRedline, NetScaler, Crescendo
・XMLトラフィックの高速処理やセキュリティで DataPowerとSarvega
が挙げられています。
記事の結びは、Ciscoが自分の縄張りを越えてIBMの領域に踏み込む時点で障害が出てくるだろう、としています。
来年は(少なくともUSでは)、L4-7或いはもっと上のアプリケーション・レベルのネットワーク処理がますます賑やかになりそうです。
Cisco eyes larger data center, IT services roles
Cisco CTO Charlie Giancarlo and other technologists outlined methods Cisco is exploring to create virtualized services – among them, virtualized security, protocol termination and offload on switches, and Remote Direct Memory Access (RDMA) capabilities on server-to-switch links.

Other observers say the technology approaches that Cisco is proposing are not so new. Upstart vendors such as Redline Networks, Netscaler and Crescendo Networks – makers of so-called application front-end devices – have had switches and appliances on the market for more than a year that streamline data center networks with protocol-termination RDMA technology.
Other such start-ups as Sarvega and DataPower are also ahead of Cisco with routers and appliances that speed up and secures XML-based traffic.

NW Fusion: RLX Technologies drops blade server hardware to focus on software

ブレード・サーバもスタートアップの時代は終わり。
RLXがハードウェア開発を中止。
RLX Technologies drops blade server hardware to focus on software
Computerworld, 12/23/04
Faced with intense competition from IBM, Dell Inc., Hewlett-Packard Co. and others, blade server vendor RLX Technologies Inc. is dropping its hardware lineup and will focus on developing and marketing its RLX Control Tower 6G blade server management software suite.

W3C XML Japanese Profile

W3Cの「Technical Report」の中に、Shift-JISをCESとして扱う、と書いてある。
XML Japanese Profile
This technical report and [XML] treat Shift-JIS, an ordinary Japanese charset in Japan, as a CES that represents Japanese characters and [US-ASCII] characters in [ISO/IEC10646] or [Unicode 3.0]. For full interoperability in the Internet, migration from Shift-JIS to UTF-8/UTF-16 is highly recommended.

Hammerhead L2.5 switch: Switch start-up enhances aggregation

HSX6000 L2.5 Aggregation Switch というものを開発中。
ドライ・マティーニ技術とPseudowire(仮想ワイヤ)技術で、MPLSだけでなくSONETやATMといったインフラの上でトラフィック・タイプやQoSを定義するIDラベルを使った
管理を行う。
(すみません、よく判りません)
$43Mを集め、Q1-05に製品出荷予定。
Switch start-up enhances aggregation
Switch start-up enhances aggregation
Hammerhead seeks to meld benefits of Layer 2/3 technologies.
By Jim Duffy
Network World, 12/20/04
Hammerhead Systems last week enhanced its multiservice switch with software the company says will improve a customers’ ability to aggregate Layer 2 services, such as Ethernet, as they migrate to Multi-protocol Label Switching.
Advertisement:
Hammerhead’s Layer 2.5 Aggregation Switch software for its HSX 6000 uses the pseudowire and Dry Martini techniques to merge Layer 2 operations and interworking methods with Layer 3 application awareness, the company says.